聖アンデレ橋

聖アンデレ橋
クリスマスに恋人同士で歩いてみれば、なんだかご利益のありそうな名前のこの橋ですが、観光スポットでもなんでもない、謎の橋です。



スポンサードリンク



聖アンデレ橋を徒歩で渡ってみました


大阪狭山市池之原1丁目、国道310号線(高野街道)池之原北交差点から北野田駅に向かう道、初芝立命館高校のあたりから、森の向こうに橋らしき主塔とケーブルが見えます。

そっちの方向には何もなくて、グーグルマップを見ても、どこにもつながってないはずですが、なぜ?

不思議に思い、森の中の細い道を歩いていくと、薮に隠された小さい川(西除川)があり、橋がかかっておりました。

川に不似合いな、白塗りのしゃれた橋なのです。

聖アンデレ橋

聖アンデレ橋はミッションスクールの名残


草木に覆われた橋を渡っていくと、橋の端っこが道の終わりであり、その先は、広っぱになっておりました。

ボール遊びをしている親子や、自転車の練習をしている子供が、ちらほらおりまして、公園として使われているようです。

その向こうは畑があって、池になっておりました。なんだか不思議の国に迷い込んだ気分です。

実はこの橋の名前は聖アンデレ橋といって、キリスト教主義学校(ミッションスクール)が、昔ここになった名残なのですね。

現在の初芝立命館中学、高校が、以前は桃山大学というキリスト教の大学の登美丘学舎だったのでした。

今となっては教会もないし、クリスチャン色ゼロです。

グーグルマップにも載っていないのになぜ橋の名前がわかったかというと、ポケモンGOのスポットだったからです。(笑)

ポケモン恐るべし。

ちなみにこちらがグーグルマップの航空写真。

聖アンデレ橋
知る人ぞ知るという、近所の人だけの通り抜け用の橋になっているようであります。

ライトアップもなく夜中は真っ暗けだと思いますので、近寄らないほうがいいと思います。

お昼の明るい時に迷い込んでみてください。

聖アンデレ橋
◆ 堺のT 記



スポンサードリンク



コメントを残す