オオサカオクトーバーフェスト2017 初日に行ってきました

オオサカオクトーバーフェスト 2017
5月19日が初日の大阪は長居公園、ドイツビールの祭典「オオサカオクトーバーフェスト2017」に行ってまいりました。(6月4日まで)

なんで5月なのに、オクトーバー? と疑問に思ったのですけれど、本国ドイツのミュンヘンでは、毎年9月半ばから10月上旬に開催されるのですね。

本場のオクトーバーフェスタは毎年600万人が来場する世界最大級のビールの祭典ということですので、その名前をそのまま日本に持ってきても、ビール通には通じるということなのでしょう。

オオサカオクトーバーフェスト2017
本場同様、ミュンヘン市にある6つの醸造会社のテントがでていて、ドイツのバンド演奏などのイベントもあり盛況でした。もっとも、本場では移動遊園地なども設営され、世界中からお客さんが来られるとかで、規模は相当違うと思われます。

オオサカオクトーバーフェスト2017
オオサカオクトーバーフェスト2017
ただ、こちら長居公園はセレッソ大阪の拠点でありますので、セレッソ大阪のユニフォームを着て来場すると入場料が無料だとか、オリジナル缶バッチをプレゼントとか、試合日は営業延長だったりモニターが設置されたりという、長居公園ならではの工夫もあるようです。

オクトーバーフェストのビール代


入場料は200円とお安いですが、ビール代はけっこういたしまます。

日本ではあまり売っていない、本場ドイツビールですから、そんなもんかとは思いますけど、300mlが1000円、500mlが1400円ほどいたしまして、新世界の串カツ屋の生ビール290円に慣れている身には、とてつもない贅沢をしているように感じられます。

200円ぽっちの入場料なら、取らないほうが通りがかりの人も入ってビールの売上が上がるんじゃないかと思ったりもしましたが、あえて入場料を設定することで、招かれざる客の敷居を上げているのかと、疑ってしまったり。

オオサカオクトーバーフェスト2017
ドゥンケルという初めて飲むビールを注文しましたが、炎天下の黒ビールは、なんだか味が濃すぎて、あまりゴクゴクとはすすみませんでした。

バドワイザーなどの薄味ビールのほうが、飲みやすいんじゃないかなあと思ったり。

きっと、さっぱり薄味のドイツビールもあるのでしょうけど、数が多すぎて、片っ端から試すには、財布の中身が持たないな、と思ったのでありました。

なお、初日のためか、バイトの女の子のビールの注ぎかたがおぼつかなかったり、オーダーを聞き間違えたり、微笑ましかったです。(聞き馴染みがないところ、似たような名前のビールがありますものね。)

オオサカオクトーバーフェストへのアクセス


会場の長居公園自由広場は、地下鉄御堂筋線「長居駅」3号出口より徒歩すぐです。

JR阪和線なら「長居駅」東出口より東へ徒歩約5分。

クルマでの来場は、公園南西側にある長居公園地下駐車場が近いです。(ただし、運転する方はビールを飲んではなりません。)

◆ 堺のT 記

コメントを残す