大阪の神社仏閣、史跡巡り

鈴の宮 蜂田神社の風鈴祭り

さわやかに自転車で走っておりましたら、おや? どこからともなく風鈴の音が聞こえてきました。 それも、ひとつがチリーンと鳴っているのではなく、チリリンチリリンとハーモニーを奏でておるのです。音の発生元は、丘の上の神社であり […]

続きを読む

日本最古の戎宮 石津神社

えびっさんで賑わうえびす神社は、全国に数多くありますが、最古だと言われているのが、堺市にある石津神社です。 阪神高速道路堺線の終点近くにありまして、あんまり目立っておりませんが、2000年の歴史があるそうです。 樹齢10 […]

続きを読む

加太の淡嶋神社

大阪府を海沿いにどんどん進むとやがて和歌山になります。和歌山の端っこが加太です。漁港であり、友ヶ島への渡し舟があり、ひなびた民宿がたくさんあります。 加太港から5分ほど歩いたところに、淡嶋神社があります。 友ヶ島のうちの […]

続きを読む

堺 方違神社(ほうちがいじんじゃ)

ディープ大阪事務所の有る堺の神社、ディープ大阪の氏神様方違い神社です。方違いさん(ほうちがいさん)と呼ばれ全国から参拝者が訪れ賑わいます。 「方角が良い」とか「方角が悪い」という言い方を我々は当たり前に使っていますが、こ […]

続きを読む

初辰さんの招き猫

我が家の玄関の下駄箱の上の招き猫、いつの間にか、こんなにも沢山の招き猫が集まりました。 中でもその存在が際立つのが初辰さんの招き猫、数がありますからね。ディープ大阪なメンバーは皆それぞれに、毎月の最初の辰の日には住吉大社 […]

続きを読む

岸和田城の鎮守さん 岸城神社

岸城神社(きしきじんじゃ)へお詣りしました。 南大阪のお祭りが好きな人ならば、岸和田だんじり祭りの宮入りはあまりにも有名なのを知っているかと思われます。私も何度か見物しましたが、岸城神社氏子20町の内、15町が宮入り式を […]

続きを読む

氏神様について

氏神とはそもそも、と言う話かもしれません。簡単に言うと、氏神とは、むかしむかしの血縁関係を持つ一族の守り神ということです。 土地を守るのは鎮守神、生まれた土地の神が産子神ということで、一族の守り神である氏神は、本来は地域 […]

続きを読む