カテゴリー:文房具

  • 肥後守

    肥後守で竹細工 使い方から研ぎ方まで

    肥後守(ひごのかみ)というナイフはご存知でしょうか。 元祖ジャパニーズフォールディングナイフ(折りたたみ式ナイフ)として1890年代にまで誕生は遡るそうで、戦後は鉛筆を削る文房具として誰もが持っているナイフ…
  • 印泥(中国の朱肉)

    印泥(中国の朱肉)

    印泥とは 朱肉というと、表面がペタッと平になっていますが、その昔は印泥というものでした。 使うときにはヘラでこねてから、ハンコを押し付けるのです。ドロッとしていてモリモリしています。 印泥は、掛け軸や骨…
  • CDT 世界で一番美しい朱肉

    CDT 世界で一番美しい朱肉

    CDTと言うのは「クラフト・デザイン・テクノロジー」の略で、この朱肉をご覧いただければ判るかと思うのですが、それはそれは美しい姿形をしています。 朱肉だけではなく、クラフトデザインの他のアイテムも「使うこと…
  • ダックスのインクボトルシャープナー【DUX DX2580】

    万年筆のインクボトル型のシャープナー、鉛筆削りです。 DUXの歴史は100年を超える話で、 1908年にドイツ人技師、テオドール・P・メビウスによって発明、 創業以来鉛筆削り一筋のメーカーとして …
  • プラチナのPlaisir(プレジール)

    プラチナのPlaisir(プレジール)

    友人の文具の中に、プラチナのPlaisir(プレジール)を発見。 プラチナの万年筆入門用のシリーズですね。 入門用の万年筆と言えば、国内のメーカーでは、 先日も紹介した、パイロットのカクノ、 セーラー…
  • 三菱Uniのジェットストリーム

    三菱Uniのジェットストリーム

    三菱Uniのボールペン、ジェットストリームです。写真は私の私物ですが、 デスクの手の届く所にこれだけのジェットストリームが転がっています。 意識しなくとも、いつの間にかペンケースの中に入っていたりするんじ…
  • トラベラーズノート

    トラベラーズノートが手放せない

    いつの間にか愛用者が私の周りでも増えた、トラベラーズノートです。 知らない人の為にトラベラーズについて書いておくと、 なんの事ない本革のカバーの中に、例えば スケジュール帳だったり、方眼紙だったり、…
  • PAILOTのKAKUNO

    PAILOTのKAKUNO(カクノ)

    相変わらずPAILOTのKAKUNOが好調に売れ続いてるんだとか。 このKAKUNOを使って好きなインクを入れたりする楽しみを覚えて、 本格的な万年筆へと移行していくらしい。 パッケージを優しい女性…
  • 万年筆

    万年筆ブームというのは本当か?

    誰もが通る?文房具集めに中学生になる息子もどっぷりと嵌っているようです。 ボールペンやら色々と集めてる姿がなかなか微笑ましく、 時々財布として誘われて付き合いさせれられます。 (嫌いじゃないので) それな…

新着記事

  1. 2017-12-15

    たこ昌竹粋亭浜寺店の料理は本当にタコづくしでした

    たこ焼き割烹として有名な「たこ昌」は、長年気になりつつ、行ったことがなかったのです。 …
  2. 天満 ふくみ屋でもつ鍋

    2017-10-1

    天満のふくみ屋でリーズナブルなもつ鍋

    福福福と福を三つ書いて「ふくみ屋」 とも呼ばせるようです。 ご存知、天満から天神…
  3. 鈴の宮 蜂田神社の風鈴祭り

    2017-8-22

    鈴の宮 蜂田神社の風鈴祭り

    さわやかに自転車で走っておりましたら、おや? どこからともなく風鈴の音が聞こえてきました。 …
  4. 馬肉専門焼肉店 けとばし屋チャンピオン

    2017-8-3

    馬肉専門焼肉店 けとばし屋チャンピオン

    ちょっと気の利いた居酒屋などですと、馬刺しのメニューがあったりしますが、馬肉ばっかりというお…
  5. 都島の石窯ピザ COVO(コーヴォ)

    2017-6-2

    都島の石窯ピザ COVO(コーヴォ)

    COVO(コーヴォ)情報 地下鉄の都島駅の直ぐ側にある、石窯で焼いたピザなどを食べるこ…
ページ上部へ戻る