新梅田食堂街のここ家(ここや)の鉄板焼き

ここ家(ここや)


新梅田食堂街のここ家(ここや)
女性デザイナーがデザインしたという天然木をたっぷりと使った落ち着いた和空間でいただく鉄板焼き居酒屋が[ここ家]です。

間違いなく洒落た店ですが、敷居が高いとか入りづらい店じゃ無いのはお馴染みの新梅田食道街だから。ガタンゴトンと頭の上を走る電車の音をBGMに、素材に拘った美味しい料理がいただけます。

店内はカウンターとテーブルで、外から眺めるのと違って、思ったよりも広い店内ですが、グループで利用する際には予約する方が無難でしょう。

立ち飲み店やカウンターだけの店が多い新梅田食道街にあって、グループ利用が出来るぐらいのテーブル席がある店、そして女性受けする洒落た店は、なかなか貴重な存在じゃないかと思うのです。

ここ家(ここや)のメニュー


新梅田食堂街のここ家(ここや)
3センチ厚さの電磁鉄板を使っているから料理の焼き上がりが違うとか、素材への拘りもご自慢な様子で、存分に鉄板焼きを楽しむことが出来る店です。

大阪人にとっては、鉄板焼きといえば先ず思い浮かべてしまうのがお好み焼きや焼きそばですが、もちろんあります。牛タンの塩焼きや牛ステーキ、鉄板焼き屋なのに揚げものが美味しくて、お造りなどもあります。

珍しいのが、ビールがサッポロ、その他地酒や焼酎の類も豊富です。


新梅田食堂街のここ家(ここや) 大阪メニューの定番、すじコン焼きは580円


新梅田食堂街のここ家(ここや) 豆腐屋産の手作り豆腐を使った豆腐ステーキ 480円


新梅田食堂街のここ家(ここや) ふわふわ食感の手作り餃子 380円


新梅田食堂街のここ家(ここや) しゃきしゃきもやし炒め 480円

ディープ大阪メンバーは高齢化が進んでいるので、お腹いっぱい飲み食いしても、一人3000円程といったところが予算でしょうか。


ここ家へのアクセス


ご存知、新梅田食道街の2F、南北の通路のちょうど真ん中あたりにあります。



新梅田食道街特集 >>> 新梅田食道街

◆ グルメライターH 記

コメントを残す