仕事仲間のデータ通信末端を比較してみた



当然と言えば当然ですが、私達の生業はノートPCさえあれば「いつでもどこでも」が必須のPC仕事、各自色々な条件を検証して各社のデータ通信末端を利用してます。

本日打ち合わせに集まった5名が使ってる末端が8台。DocomoのFOMAにXi、WiMAXにイーモバイル。

なぜ5人なのに8台あるかと言うと、一人で複数台持ってる者がいるからです。その理由は以下の比較を読んでいただければ分かるかと。



■通信エリア



現状、Docomoがやっぱり一番繋がりますね。皆関西在住なんですが、ちょっと郊外へ出るとWiMAXやイーモバイルは全くつながらない事もしばしば。

WiMAXにいたっては大阪市内でも入らないスポットがあったりして、辛い目にあいます。

■料金の安さ



最安は間違いなくWiMAX。現在私が契約する協同組合が管理するWiMAXの料金プランは月/2980円。これ以上の料金は一切かかりません。ドコモやイーモバイルと違って、解約料さえも契約プランによっては必要じゃないWiMAXならば、条件やキャンペーン次第であちこちのWiMAXをこれまで利用してきました。

Docomoなどはプロバイダ料金他諸々で月額6000円以上もかかってしまいます。

■速度制限



案外知られていないのが速度制限という問題。以前は帯域制限と呼ばれてました。これは、一定量のデータ通信を利用すると通信速度が制限されてしまうもの。

Youtubeなどの動画とかスカイプなどの諸々利用すると間違いなく速度制限に引っかかってしまいます。私自身、一度この速度制限に引っかかってしまい、回線の遅さにイライラして、私は通信末端を二台持ちにしたという理由があります。

今の所、この帯域制限が無いのはWiMAXだけなのです。WiMAXも最近は電波が入らないエリアでは、auの3G回線を利用できる末端なども登場して、これがかなり「WiMAXが繋がらない」という状態を解消してくれるようになりました。

■通信速度

繋がりさえすれば、それなりのスピードが出るので、各社スピードに関してはまったく気にしなくて良いかと思います。マックススピードで繋がるエリアの場合ですが、、、

色々感じ方はあって、繋がっても3Gエリアだと黎明期のダイヤルアップ回線の様なイライラを感じるハメになるのですがそれでも繋がらないよりはマシです。

■まとめ

結局どこの末端が一番かという話になるんですが、何時でも何処でもを現実的にすると複数の末端を保つ必要があるって事。

なので私の場合はWiMAXが繋がるエリアではリーズナブルなWiMAXを使いつつ、まったくつながらないエリアではDocomoの出番、そんな感じで利用してます。

別途、フリースポットも契約してますしね。

WiMAX(ワイマックス)価格比較とキャンペーン情報 はこちら>>>

 



スポンサードリンク



コメントを残す