万年筆ブームというのは本当か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

誰もが通る?文房具集めに中学生になる息子もどっぷりと嵌っているようです。

ボールペンやら色々と集めてる姿がなかなか微笑ましく、
時々財布として誘われて付き合いさせれられます。
(嫌いじゃないので)

それなりの文具店へ行くと、
親が一緒だど結構営業に来られる店員さんも多くて、
不思議と万年筆を勧めて来るのですね。

独りで行ってもまず声かけられないので「良い客」に見えるのかもしれません。

「これは2014年のベスト○○に選ばれました!」
「最近は若い女性を中心に万年筆が密かなブームとなっていまして」

とか、そんな感じです。

万年筆
ぶっちゃけ、私は万年筆大好きです。

大体、鞄の中には、愛用の万年筆がパソコンと一緒に鞄の中に入ってます。

なので、言わせて貰うのですが「人気」というのは本当なんだろうか?
何を持ってブームとしているのか?本気でそう思います。

何万ってする万年筆と100円、200円のボールペンとの違いが判らん。

10万もするモンブランの万年筆でメモ取ってたりしても、
気がついてくれる人なんか昨今なかなかいないもんです。

使わないで放置したらインクが乾いて書けなくなるとか、
ペン先がデリケートとかメンテナンスも必須、
滲んだり色々あるんで、書く紙も選びます。

そして、複写の紙には書けないから、
それなりのボールペンも必須でしょう、万年筆持ち歩くぐらいなら。

まー、面倒くさい筆記具なんです。

あんたよりもぜったいにワシの方が万年筆知ってるし、
と心の中で思いながらの中学生との文具屋巡りです。

◆ 文具ライターY記



スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

  1. 2017-12-15

    たこ昌竹粋亭浜寺店の料理は本当にタコづくしでした

    たこ焼き割烹として有名な「たこ昌」は、長年気になりつつ、行ったことがなかったのです。 …
  2. 天満 ふくみ屋でもつ鍋

    2017-10-1

    天満のふくみ屋でリーズナブルなもつ鍋

    福福福と福を三つ書いて「ふくみ屋」 とも呼ばせるようです。 ご存知、天満から天神…
  3. 鈴の宮 蜂田神社の風鈴祭り

    2017-8-22

    鈴の宮 蜂田神社の風鈴祭り

    さわやかに自転車で走っておりましたら、おや? どこからともなく風鈴の音が聞こえてきました。 …
  4. 馬肉専門焼肉店 けとばし屋チャンピオン

    2017-8-3

    馬肉専門焼肉店 けとばし屋チャンピオン

    ちょっと気の利いた居酒屋などですと、馬刺しのメニューがあったりしますが、馬肉ばっかりというお…
  5. 都島の石窯ピザ COVO(コーヴォ)

    2017-6-2

    都島の石窯ピザ COVO(コーヴォ)

    COVO(コーヴォ)情報 地下鉄の都島駅の直ぐ側にある、石窯で焼いたピザなどを食べるこ…
ページ上部へ戻る