文の里商店街のポスターが秀逸

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

文の里商店街のポスター

阿倍野区にある文の里商店街、地下鉄御堂筋線の昭和町の番出口を上がってすぐ、谷町線の文の里駅の7番出口まで、一番街から六番街までL字に伸びたアーケードの商店街です。

今日の目的は、ディープ大阪のテーマ、商店街巡りはもちろんですが、随分前から「面白い」と話題になっていた文の里の商店街のポスター見学です。

ちなみに、文の里という地名、明治初期に師範学校が開校したのを機に、多くの学校施設が集まったことに由来し「文の里」という地名か付けられたそうな、知りませんでした。

文の里商店街のポスター

文の里商店街のポスター

さて、ポスター。確かに、見事に面白い。ええ味出してます、どれもこれも。上記二つはかしわ屋さんのむね肉ともも肉のポスター。

このポスターは大阪商工会議所が商店街の活気を取り戻そうという取り組みで始めたそうで、電通関西支社の若手クリエイターがボランティアでアイデアを出し作った、商店街52店舗、約200点の作品の数々。

文の里商店街のポスター

文の里商店街のポスター

文の里商店街のポスター

大阪府下の商店街をあちこち訪ね歩いているディープ大阪としては、尋ねるのが遅すぎたなと思うのですが、メディアに紹介されポスター目当てで多くの人が訪れるようになったと言います。

とは言え、もう旬が過ぎてしまったんでしょうね、お世辞にもこの商店街が賑わっているとは言えず寂しい限り。正直、商店街を行く人よりもポスターの数の方が絶対に多い。

文の里商店街

文の里商店街だけじゃない話、店主の高齢化、郊外型のショッピングセンターやコンビニ、スーパーの出現で商店街はどんどん人が居なくなっている姿を目の当たりにしています。

結構あちこちの商店街を歩いて来たけれど、文の里商店街、シャッターの下りている店の方が多いんじゃないか?と思うことしばし。

文の里 kachidoki

文の里 kachidoki

どこの商店街にもある昼間っから飲める酒屋が見当たらず。昼飲みは諦めて、洒落た食堂でランチをして後にしました。

ポスター眺めながら店主に声かけると気さくに話してくれたりして、商店街ってやっぱり面白いなと思ったんですが、利便性考えると正直毎日買い物に出かけるというライフスタイルはもう成立しないなと思ったり。

◆ 編集長G 記



スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

  1. 2017-12-15

    たこ昌竹粋亭浜寺店の料理は本当にタコづくしでした

    たこ焼き割烹として有名な「たこ昌」は、長年気になりつつ、行ったことがなかったのです。 …
  2. 天満 ふくみ屋でもつ鍋

    2017-10-1

    天満のふくみ屋でリーズナブルなもつ鍋

    福福福と福を三つ書いて「ふくみ屋」 とも呼ばせるようです。 ご存知、天満から天神…
  3. 鈴の宮 蜂田神社の風鈴祭り

    2017-8-22

    鈴の宮 蜂田神社の風鈴祭り

    さわやかに自転車で走っておりましたら、おや? どこからともなく風鈴の音が聞こえてきました。 …
  4. 馬肉専門焼肉店 けとばし屋チャンピオン

    2017-8-3

    馬肉専門焼肉店 けとばし屋チャンピオン

    ちょっと気の利いた居酒屋などですと、馬刺しのメニューがあったりしますが、馬肉ばっかりというお…
  5. 都島の石窯ピザ COVO(コーヴォ)

    2017-6-2

    都島の石窯ピザ COVO(コーヴォ)

    COVO(コーヴォ)情報 地下鉄の都島駅の直ぐ側にある、石窯で焼いたピザなどを食べるこ…
ページ上部へ戻る