池田の銘酒 呉春

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

池田の銘酒 呉春

大阪の幻の銘酒 呉春

父が誕生日前になって、呉春を飲みたいというものでプレゼントすることにしました。

呉春とは、関西では灘に続く酒の産地だった大阪池田の、幻の酒とも呼ばれている日本酒の地酒です。

思い出の酒かなんかかなと思ったんですが、そうでもないようで、どこかで聞きかじって欲しくなったとというのが真相のようです。

「幻の酒」と聞いて、なんとしてでも飲まねば!と思ったみたいで、我が父親ながらミーハーですね。

父曰く、「なかなか手に入らんのやー」ですが、グーグルで検索したら一発です。他所では知りませんが、大阪では結構普通に見かけます。

ネットでも、「幻の酒、お一人様一本限り!」と、もったいぶったことが書いてあります。

ちょっとだけでいいやと思ってたのに、一升瓶しかなく、うっかり父親に販売店のウェブページを見せていたら、三本セットなんてのが出てきて、結局それになりました。(一本限りってのはなんや、三本やんけ!と一応突っ込んでおきました)

三本というのは、特別吟醸と、本丸と普通酒です。3本セットで8,000円位でしたので幻の銘酒というわりには思ったほど高くなかったなという気も。

池田酒 呉春

 

父は医者から減塩を言い渡されているんですが、本人が言うには酒は良いらしくて、ホントかなという気もするのですが、誕生日くらいいいでしょう。(年中飲んでますが。)

 

呉春にまつわる感動のエピソード

池田の地酒を作っている酒造会社は、今では2軒しかないそうですが、江戸時代には多くの酒蔵があったそうで、そのなかでも呉春は遠くは江戸まで評判が伝わる酒だったそうです。

呉春は、地下水脈の伏流水を井戸より汲み上げて仕込み水としているそうで、旨さの秘訣は水の良さだと言います。酒造りは水が命ですものね。

バブルで日本中が好景気に浮かれていた頃、酒蔵の近くにマンションの建設計画があったらしいですけど、水脈が途絶えるとのおそれから、酒好き達による反対運動がでて中止になったとか。

酒飲みの先達のみなさま、よくぞ止めてくださいました。

マンションなんて、なんぼでもゴロゴロ建てられますけど、失われた酒を取り戻すのは大変なことです。

こういう逸話をききますと、呉春が飲みたくなりますね。

誕生日祝いにかこつけて、飲みに行ったのはいうまでもありません。スッキリした辛口の酒、旨かったです。

◆グルメライターH記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

  1. 2017-12-15

    たこ昌竹粋亭浜寺店の料理は本当にタコづくしでした

    たこ焼き割烹として有名な「たこ昌」は、長年気になりつつ、行ったことがなかったのです。 …
  2. 天満 ふくみ屋でもつ鍋

    2017-10-1

    天満のふくみ屋でリーズナブルなもつ鍋

    福福福と福を三つ書いて「ふくみ屋」 とも呼ばせるようです。 ご存知、天満から天神…
  3. 鈴の宮 蜂田神社の風鈴祭り

    2017-8-22

    鈴の宮 蜂田神社の風鈴祭り

    さわやかに自転車で走っておりましたら、おや? どこからともなく風鈴の音が聞こえてきました。 …
  4. 馬肉専門焼肉店 けとばし屋チャンピオン

    2017-8-3

    馬肉専門焼肉店 けとばし屋チャンピオン

    ちょっと気の利いた居酒屋などですと、馬刺しのメニューがあったりしますが、馬肉ばっかりというお…
  5. 都島の石窯ピザ COVO(コーヴォ)

    2017-6-2

    都島の石窯ピザ COVO(コーヴォ)

    COVO(コーヴォ)情報 地下鉄の都島駅の直ぐ側にある、石窯で焼いたピザなどを食べるこ…
ページ上部へ戻る