印泥(中国の朱肉)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

印泥(中国の朱肉)

印泥とは

朱肉というと、表面がペタッと平になっていますが、その昔は印泥というものでした。

使うときにはヘラでこねてから、ハンコを押し付けるのです。ドロッとしていてモリモリしています。

印泥は、掛け軸や骨董品に捺印するときの落款(らっかん)によく使われます。篆刻用品として売られています。

中国産の「朱砂」と、よもぎを混ぜて作られているということです。

発色が良いのとコストパフォーマンスが良いという事で、最近は水銀と硫黄を混ぜているものもあるそうですね。(なんとなく体に悪そう。)

印泥(中国の朱肉)

印泥の使い方

私の手元にある印泥は20年ほど前に中国土産で買ってきたものですが、いまだにちゃんと使えて良い色が出ます。

せっかく印泥を買ってきたので、落款を作ったりして年賀状に押したりして遊んでいたものでした。

スタンプ印のように、そのままペタッとハンコを押すのでなく、ヘラでよくこねて、朱と水分がよく混ざって、手応えが均質になるようにします。光沢が出ているのが良い状態です。

(混ぜないでおくと、分離してしまうそうです。)

ヘラで、団子状にして、テッペンの平になったところに、軽く押し付けましょう。

印泥(中国の朱肉)

こちらは年賀状用の小さい落款です。

手先の器用な人なら自分で作れますが、自信がなければハンコ屋さんで注文すれば作ってくれます。

書道をする人は、石を彫ってハンコを作られたりしますね。篆刻といいます。

ハガキに書道サイズの篆刻の落款は大きすぎるので、記者はこのサイズが好きです。

ちょっと、風情があって洒落ていると、自分では思っております。

使用後はよく朱を拭き取りましょう。

俳句でも作って落款を入れてみるのも面白いでしょう。

印泥(中国の朱肉) (俳句のサンプルは、デタラメです。)

◆ 堺のT 記



スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

  1. 2017-12-15

    たこ昌竹粋亭浜寺店の料理は本当にタコづくしでした

    たこ焼き割烹として有名な「たこ昌」は、長年気になりつつ、行ったことがなかったのです。 …
  2. 天満 ふくみ屋でもつ鍋

    2017-10-1

    天満のふくみ屋でリーズナブルなもつ鍋

    福福福と福を三つ書いて「ふくみ屋」 とも呼ばせるようです。 ご存知、天満から天神…
  3. 鈴の宮 蜂田神社の風鈴祭り

    2017-8-22

    鈴の宮 蜂田神社の風鈴祭り

    さわやかに自転車で走っておりましたら、おや? どこからともなく風鈴の音が聞こえてきました。 …
  4. 馬肉専門焼肉店 けとばし屋チャンピオン

    2017-8-3

    馬肉専門焼肉店 けとばし屋チャンピオン

    ちょっと気の利いた居酒屋などですと、馬刺しのメニューがあったりしますが、馬肉ばっかりというお…
  5. 都島の石窯ピザ COVO(コーヴォ)

    2017-6-2

    都島の石窯ピザ COVO(コーヴォ)

    COVO(コーヴォ)情報 地下鉄の都島駅の直ぐ側にある、石窯で焼いたピザなどを食べるこ…
ページ上部へ戻る