開かずの踏切 JR東淀川駅西口

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

開かずの踏切 JR東淀川駅西口

大阪市内から江坂方面に行くクルマで、ナビゲーションに従って走行しておりましたら、開かずの踏切に捕まってしまいました。

踏切が開いて、前の車が侵入していきましたが、トロトロ走って、向こう側にたどり着きません。というのも、踏切が狭くて、自転車、歩行者に遮られて、一気に走り抜けないんです。

向こう側が遥か彼方でして、トロトロ走っているうちに、また警報機がカンカン鳴り始めました。記者の乗る車は、遮断機の手前で待っていたので、良かったですが、先に侵入していた車がピンチでした。

なんとか渡りきれて無事でしたが、渡れたのは、その1台だけです。それからは、電車が、右から左から次々やってきて、踏切は一向に開かず。後ろの車にちょっと下がってもらって、ほかのルートを探したのでした。

開かずの踏切の閉まっている時間


この踏切は大阪の開かずの踏切として有名な場所だったようで、場所はJR東海道本線(京都線)新大阪駅から京都方面にいく一つ目の駅、東淀川駅の西側の踏切です。

線路を8本(レールで言えば切り替えの部分もあるので、18本)乗り越えてわたらなければならず、向こう岸までの距離は50メートルはありそうでした。

なにしろ普通・快速・新快速・特急・貨物などが、次の新大阪駅に停まりますので、速度を落としてくるのですね。発車する電車も多いわけで、そもそもこんなところに踏切があるというのがダメでしょう。

足の弱ったお年寄りが渡り切るのは大変困難だろうと思われます。途中で立ち止まれるスペースはあるようですが、かなり恐ろしそうです。一応有人の踏切ということで、係の人が危なそうな人には声をかけているのでしょうね。

開かずの踏切 JR東淀川駅西口

開かずの踏切 迂回路


線路の手前には、長時間閉まりますという注意書きと、迂回路の案内が書いてあったのですが、待ってしばらくしてはじめて気づいたという次第でした。

迂回路としては、新大阪側に広くてきれいで快適な地下道があります。西淡路2と宮原1をつないでいます。

歩行者自転車用には、以前は、線路の下をくぐり抜ける小さな地下道があったようですが、現在はエレベーター付きの連絡橋がありますので、そちらを利用すると良いかと思われます。

開かずの踏切 JR東淀川駅西口

◆ 堺のT 記



スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

  1. 2017-12-15

    たこ昌竹粋亭浜寺店の料理は本当にタコづくしでした

    たこ焼き割烹として有名な「たこ昌」は、長年気になりつつ、行ったことがなかったのです。 …
  2. 天満 ふくみ屋でもつ鍋

    2017-10-1

    天満のふくみ屋でリーズナブルなもつ鍋

    福福福と福を三つ書いて「ふくみ屋」 とも呼ばせるようです。 ご存知、天満から天神…
  3. 鈴の宮 蜂田神社の風鈴祭り

    2017-8-22

    鈴の宮 蜂田神社の風鈴祭り

    さわやかに自転車で走っておりましたら、おや? どこからともなく風鈴の音が聞こえてきました。 …
  4. 馬肉専門焼肉店 けとばし屋チャンピオン

    2017-8-3

    馬肉専門焼肉店 けとばし屋チャンピオン

    ちょっと気の利いた居酒屋などですと、馬刺しのメニューがあったりしますが、馬肉ばっかりというお…
  5. 都島の石窯ピザ COVO(コーヴォ)

    2017-6-2

    都島の石窯ピザ COVO(コーヴォ)

    COVO(コーヴォ)情報 地下鉄の都島駅の直ぐ側にある、石窯で焼いたピザなどを食べるこ…
ページ上部へ戻る