コーヒーミルはKalita セラミックミルが1番だ!

『コーヒーミルはKalita セラミックミルが1番だ!』なんて書いてしまいましたが、素人が使う場合という前提ですのであしからず。

コーヒーを淹れる時、毎回豆から挽いている人なんて極僅かでしょう。私はその一人です。味が確実に違います。さらに言うと、使うコーヒーミルでも全然変わってしまいます。

↓これが、私の愛用しているKalita セラミックミル C-90です。
Kalita セラミックミル C-90
お値段は、amazonで8,000円弱でした。⇒Kalita セラミックミル

ここからが本題です。

コーヒー豆を挽く時に、プロペラ式のコーヒーミルの場合、振ろうが何をしようが均一に挽くことは不可能です。大きいまま残っているのもあれば、超細かい微粉も多いという状態になります。
プロペラ式ミルで挽いたコーヒー豆

プロペラ式ミルは、ミキサーのような歯の形状なので仕方ないです。一方、セラミックミルのような臼式の場合、石臼のように挽くので均一に挽けます。微粉の量もプロペラ式より明らかに少ないです。
臼式コーヒーミルで挽いたコーヒー豆

粉の大きさがバラバラで微粉が多いというのは、豆が持つ本来の味が出ませんし、雑味が多くなります。同じ豆で淹れても飲み比べると別物のように感じます。

欲を言えば、カリタのナイスカットミルのような、カット式ミルの方が微粉が少なく均一に挽けます。でも、価格がセラミックミルの1.5倍~2倍します。ナイスカットミルが家庭用のミルの中では1番優秀だと言われていますが、私はセラミックミルで満足しています。

口コミでよく言われている静電気の問題ですが、私は受け皿にペーパーフィルターを敷いて使ってます。
静電気対策

こうすることで、フィルターに移す手間も省けますし、静電気で粉が飛び散るのも防げます。お試しください。⇒Kalita セラミックミル



スポンサードリンク



One Response to “コーヒーミルはKalita セラミックミルが1番だ!”

  1. 受け皿にペーパーフィルター!
    なるほどな小技ですね♪

    ありがとうございます!

コメントを残す