釜たけ流うどん 駅前食堂 ヨドバシ梅田店で讃岐うどん

釜たけ流うどん 情報


釜たけ流うどん 駅前食堂 ヨドバシ梅田店
若い頃は讃岐の国で、年間1000玉食べる会に参加したことがあるぐらいの、自他共認めるうどん好きです。饂飩の国、香川県出身の友人から釜たけうどん情報はずいぶん前に入手していました。「まずまずの讃岐うどんを食べさせる店」だということで、ヨドバシでの買い物ついでに気合たっぷりで立ち寄りました。

釜たけという屋号を付けている時点で、讃岐の国の名店を思い出します。日本橋に本店があり、新梅田食堂にも店はありますし、東京の八重洲にも店を構えており、県外での讃岐うどんを広めた功労店だとのこと。

暖簾をくぐると、出汁の良い香りが漂う店内。木をたっぷり使った店の中には、四人掛けのテーブルに二人掛けのテーブル、カウンター席。

これだけテーブルを詰め込んで並べると、ちょっと窮屈な感じが否めませんが、ヨドバシカメラのレストラン街の一等地という場所柄、仕方がないのでしょう。

ヨドバシで買い物した後の荷物持ちで入店すると、窮屈な思いをすると思うので、うどんは買い物前にするのが良いと思います。

店員さんも笑顔でテキパキと接客して気持ち良かったです。

 



スポンサードリンク



釜たけ流うどんのメニュー


釜たけ流うどん 駅前食堂 ヨドバシ梅田店
讃岐の麺を食べたかったので、久しぶりに冷たい麺を味わってみるかと、私は チク玉天ぶっかけ 780円。

竹輪の天ぷらは讃岐うどんには欠かせません。讃岐の国の竹輪の消費量は日本一なんだと聞いたことがあります。

10分近くかかってでてきたのがこれです。及第点、一応綺麗に盛り付けてあったりしますし、天ぷらは別皿で出てくるというのが私の好みです。

同行の家人は、京都の錦市場の揚げさんを使ったという きつねうどん 780円。冒頭の画像がそれです。丼ぶり一杯の大きな揚げさんが上品に味付けしてあって、普通に美味しくいただけたのこと。

釜たけ流うどん 駅前食堂 ヨドバシ梅田店
 

感想を纏めると、それにしても高い! それから、腰があったら讃岐うどん、という訳ではありませんし、美味しくなかったという話でもないですが、個人的な好みの話でいうと、もう少し腰があっても良いなと思う麺ですね。

特にきつねうどんは温いだけに弱腰麺が際立ってました。アツアツのカレーうどんなどを注文すると、もっとこれは気になると思います。

また、よく食べる人には朗報です。すべてのうどんは、プラス120円で大盛りに出来る様です。


釜たけ流うどんへの地図


ご存知、JR大阪駅のすぐ隣にある、ヨドバシカメラの8階、ヨドバシが判らなければ、梅田に行って尋ねれば誰でも教えてくれるかと思います。



スポンサードリンク



コメントを残す