喜界島の黒糖焼酎 朝日酒造の「南の島の貴婦人」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

南の島の貴婦人

南の島の貴婦人の特徴

ディープ大阪編集長おすすめの奄美諸島の喜界島の朝日酒造が造る、黒糖焼酎「南の島の貴婦人」をいただきました。

冷凍庫でキンキンに冷やして飲むと良いというアドバイスに従い、一晩冷やしてキンキンに。

「凍ったら瓶が割れるんじゃない?」という心配はまったく無問題で、アルコール度数44度は冷凍庫ごときでは凍りません。

コルクを包んでいるビニールをはがすと、ぷーんと香ばしい香りが漂います。

おちょこに、とろとろっと注いでぐいっと飲むと、あまりの強さに、むせそうになります。

ロックにしてもまだ強く、水割りにしてみました。いも焼酎やむぎ焼酎とは違う、独特の味わいです。

うまい日本酒を表現するのに、スイスイと入っていくフルーティな、という言い方がありますが、黒糖焼酎はまるで違っておりまして、口に含んでもそのまま飲み込むのはためらわれるほど。

フワフワと鼻腔の奥で広がる香りをしばらく楽しんでから、おもむろに舌の上で溶かしていくのが良い飲み方のように思いました。

溶けていく時のピリピリとした刺激がたまりませんよ。

南の島の貴婦人とはオオゴマダラ

奄美大島の黒糖焼酎 朝日酒造の「南の島の貴婦人」

ボトルは紙の円筒に入っていて、チョウチョの絵柄が描いてあります。

フワフワしてチョウチョの気分になるからこの絵なんだね、とのいうのは記者の妻による推察です。

なるほどー、そんな意味があったのか、と納得しましたが、違います。

正解は奄美大島の喜界島に生息するオオゴマダラという蝶で、オオゴマダラの別名が、このお酒の名前にもなっている「南の島の貴婦人」なのでした。(説明書に書いてました。)

一年に一度しか出荷しないという貴重なお酒ですが、どうも酒好きなもので、一晩でなくなってしまったのでありました。

◆ 堺のT 記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

  1. 2017-12-15

    たこ昌竹粋亭浜寺店の料理は本当にタコづくしでした

    たこ焼き割烹として有名な「たこ昌」は、長年気になりつつ、行ったことがなかったのです。 …
  2. 天満 ふくみ屋でもつ鍋

    2017-10-1

    天満のふくみ屋でリーズナブルなもつ鍋

    福福福と福を三つ書いて「ふくみ屋」 とも呼ばせるようです。 ご存知、天満から天神…
  3. 鈴の宮 蜂田神社の風鈴祭り

    2017-8-22

    鈴の宮 蜂田神社の風鈴祭り

    さわやかに自転車で走っておりましたら、おや? どこからともなく風鈴の音が聞こえてきました。 …
  4. 馬肉専門焼肉店 けとばし屋チャンピオン

    2017-8-3

    馬肉専門焼肉店 けとばし屋チャンピオン

    ちょっと気の利いた居酒屋などですと、馬刺しのメニューがあったりしますが、馬肉ばっかりというお…
  5. 都島の石窯ピザ COVO(コーヴォ)

    2017-6-2

    都島の石窯ピザ COVO(コーヴォ)

    COVO(コーヴォ)情報 地下鉄の都島駅の直ぐ側にある、石窯で焼いたピザなどを食べるこ…
ページ上部へ戻る