• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

大阪地酒 天満大酒会2015
ディープ大阪一同、今年も行ってきました、天満大酒会。会場は昨年と同じく、桜ノ宮の帝国ホテルの隣のOAPプラザの大川沿いにある広場です。

今年は大阪の地酒すべてが集まるんだと前売り券を買い求めた酒屋の親父が言ってましたが、確かに56種もの酒が試飲出来ると言うのは、日本酒派にとっては嬉しいイベントなのは間違いありません。

>>> 大阪地酒 天満大酒会2014

大阪地酒 天満大酒会2015
大酒会のシステムはなかなか面白くて、1000円の前売り券を買うと、1000円分の金券とこんな試飲用のお猪口が貰えます。

昨年と同じく、各地酒の名が入ったレアな猪口です。試飲と言えば蛇の目模様の猪口ですが、大酒会の猪口はスマイルマークの可愛い奴だったりします。

ちなみに当日券は1000円の金券に加えて300円でお猪口を購入、1300円がまず必要となります。

この金券を持って、各銘柄のブースへ行き専用の猪口で試飲する、という仕組みになっています。金券が足りなくなれば、1000円のチケットをまた買いに行く、という事が繰り返されるのでした。

大阪地酒 天満大酒会2015*クリックで拡大

今回の試飲銘柄リストです。秋鹿や天野酒、呉春などディープ大阪でも紹介した事がある大阪の有名地酒ですが有名無名、おそらく半分ぐらいは飲めたんじゃないかと思います。

秋鹿や天野酒はやっぱり外しませんが、今年、ディープ大阪の人気銘柄、断トツ一位だったのが、「荘の郷(しょうのさと)」、泉佐野にある北庄司酒造所店の酒、純米から大吟醸まで全て評価は高かったです。

大阪地酒 天満大酒会2015
太陽がてっぺん越えて木陰が無くなり、2時間も試飲した頃に退散となりました。

ほろ酔い加減で苦言は色々出ましたね。運営側はもっとプロの仕事をしないといけません。会場整理はもっときっちりとやったほうが良いし試飲する場所も無い様な狭い会場では、これ以上のこの集まりの賑わいは無いな、と思います。

正直、「大阪の酒はもう全部いただいたんで来年はもういいや」と言うのがこのイベントの感想だったりするぐらい、人災的な不快感を感じるイベントだったりしたのも本当で実に勿体無い。

そうこうしながら、まだまだ賑わっている会場を後に、ディープ大阪なメンバーは京橋のディープ商店街へと突撃しました。京橋のレポートはまた後日。

◆ 編集長G 記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

  1. 2017-12-15

    たこ昌竹粋亭浜寺店の料理は本当にタコづくしでした

    たこ焼き割烹として有名な「たこ昌」は、長年気になりつつ、行ったことがなかったのです。 …
  2. 天満 ふくみ屋でもつ鍋

    2017-10-1

    天満のふくみ屋でリーズナブルなもつ鍋

    福福福と福を三つ書いて「ふくみ屋」 とも呼ばせるようです。 ご存知、天満から天神…
  3. 鈴の宮 蜂田神社の風鈴祭り

    2017-8-22

    鈴の宮 蜂田神社の風鈴祭り

    さわやかに自転車で走っておりましたら、おや? どこからともなく風鈴の音が聞こえてきました。 …
  4. 馬肉専門焼肉店 けとばし屋チャンピオン

    2017-8-3

    馬肉専門焼肉店 けとばし屋チャンピオン

    ちょっと気の利いた居酒屋などですと、馬刺しのメニューがあったりしますが、馬肉ばっかりというお…
  5. 都島の石窯ピザ COVO(コーヴォ)

    2017-6-2

    都島の石窯ピザ COVO(コーヴォ)

    COVO(コーヴォ)情報 地下鉄の都島駅の直ぐ側にある、石窯で焼いたピザなどを食べるこ…
ページ上部へ戻る