堺の老舗蕎麦屋ちく満(ちくま)

堺の老舗蕎麦屋ちく満(ちくま)

先日オープンしたばかりの観光施設「さかい利晶の杜」のすぐ隣に、古くからの蕎麦屋さんがあります。どのくらい古いかというと、創業が元禄8年(1695年)です。

「ちく満」と書いて、ちくまと読みます。

チンチン電車(阪堺線)の大道筋に面していて、一見、セメント工場か何かのように見える無骨な建物ですが、これが蕎麦工場になっていまして、中に入ると土間があり、屋根瓦があり、畳の座敷があり、鯉も泳いでいるという古い日本家屋なのです。

屋根瓦の上にまた屋根があるものですから、映画のセットか、博物館の中にあるジオラマのように思ってしまいますが、もともとあったお店の上に、工場を積み重ねてしまったのですね。外から見た建物と、中のイメージが全然違います。

工場のそば粉をかき混ぜている機械の横と通りぬけ、土間で靴を脱ぎ畳の上に上がり、あぐらをかいて、注文は、そば1斤800円か1.5斤1000円のみ。ビールは注文できます。

堺の老舗蕎麦屋ちく満(ちくま)

そばは蒸篭で蒸した蕎麦です。蒸し蕎麦は界隈ではここ以外で食べたことがありませんので、珍しいのではないかと思います。(近所の「ちく千」「よし井」という親戚だか暖簾分けのお店でもたべられます。)

人数分のせいろが重ねて運ばれてきまして、お椀に玉子と出汁と薬味のネギを入れて食べます。玉子はうずらではなくて鶏です。出汁はすごく熱いので、やけどに注意。

蕎麦自体は、あんまり味がなくって、コシもないフワフワしたかんじなんですが、出汁につけるとたちまち絶品になります。癖になる味です。でも、このコシのなさは好き嫌いが分かれそうですね。

1.5斤でも、成人男性には物足りないと思われます。まわりを見渡すと一人で三段重ねして、ビールを飲んでいるような人もいました。これが通の食べ方なのだと思われます。

最後はそば湯をお椀に入れて、すすって終了。

昼休み時間は、近所の会社の人達で混みますので、お昼を過ぎたあたりが、ゆっくりできると思います。


大阪府堺市堺区宿院町西1-1-16
営業時間 10:30~21:00
定休 月曜(祝日の場合は営業、翌日休)

◆ 堺のT 記



スポンサードリンク



4 Responses to “堺の老舗蕎麦屋ちく満(ちくま)”

  1. ここのソバは蒸してはいません
    茹でています。
    蕎麦湯、頂いたでしょ?
    厨房の大きな釜も見てね。
    そもそもここのセイロは底が板のはめ殺しで蒸せないのです。

  2. kuriさん、コメントありがとうございます!

    そうだったのですかー!
    すっかり蒸しているものだと思っておりました。

    今度行った時、じっくり観察してみます!

    蕎麦湯、おいしかったです。

  3. 堺のTさま、ご丁寧なお返事おおきに~です。

    昔は蒸した蕎麦も結構あったみたいですが、「熱盛り」は
    堺の蕎麦屋さんでは茹でている所しか知らないですね。

    蕎麦湯は蕎麦粉を入れたドロドロのはツライです、ちく満のように
    そのままがいいと思うのですが、早めに行くと薄いかな?

  4. kuriさま

    たしかにドロドロの蕎麦湯は、ちょっとアレですねー。

    それにしても、kuriさま、
    相当な蕎麦通、堺マニアと見受けられました。

    またぜひ色々と、突っ込んでくださいませー。

    ありがとうございます!

コメントを残す