堺市のゴミ処理場クリーンセンターは一般の人も持ち込み可

引っ越しなどで大量の大型ゴミが出る場合、捨てるのに困ってしまいます。粗大ごみ引取を頼むと高くつきますし、日を指定されるのでちょっと不便。

意外に知らない人が多いのですけど、安く捨てたい場合は、市のゴミ処理場に直接持ち込みができます。

ゴミ処理場は、ゴミ収集車が集めたゴミを持って行くところです。一般の人も持ち込みもできるのです。

記者の住む堺市を例にしますと、市内に3ヶ所クリーンセンターがありまして、クルマで持ち込みできます。

金岡にあるクリーンセンター東工場。
排熱で隣りにある運動施設の温水プールを暖めています。

金岡にあるクリーンセンター東工場

SF映画に出てくるような要塞に入っていくようで、わりと好きです。

金岡にあるクリーンセンター東工場

巨大な鋼鉄の扉のむこうは奈落の底。

金岡にあるクリーンセンター東工場

巨大なプレスでなんでもぺっちゃんこ。


料金は搬入前と後の重量の差で計測されます。10kgあたり170円です。

記者の軽自動車のワゴンRにいっぱいのゴミで、だいたい1000円ちょいになりますね。(重量物をギチギチに詰めたら高くなると思いますが。)

持ち込めるのは在住している市民に限ります。これは、免許証で確認されます。

持ち込みできるのは、一般家庭からのゴミです。事業用は紙や木などの可燃物に限られ、それ以外は産廃業者にお願いすることになります。

一般家庭ゴミでも困るのが、リサイクル法に指定されている家電製品などです。冷蔵庫やエアコン、テレビ、パソコン等ですね。消火器や耐熱金庫もダメです。

売れそうなものは、リサイクル屋さんに持っていくか回収してもらうのがいいでしょう。ただ、製造から5年過ぎたようなものは基本的には買い取りしてくれません。有料での引取になります。

ものすごく古ければ、アンティークショップが買ってくれるかも。ヤフオクなどで売れることはあります。

消火器は専門事業者が引き取りしてくれます。1本1000円くらい。(有償引取です)

鉄の塊のような、机などは、スクラップ業者が引き取ってくれます。ものによっては重量で買取りしてくれます。

金属だけなら問題ないんですけど、色々混じっている製品は、やはり有償になります。(金庫なども鉄の塊に見えて、なかに耐火用のコンクリートなどが入っています。)

最近、あれこれと処分する事が多かったのですが、後のことを考えて、シンプルな生活をするのが良いなとつくづく思いました。

◆ 堺のT 記



スポンサードリンク



コメントを残す