堺のシャトルバスのデザインが面白い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

堺のシャトルバスのデザインが面白い

堺駅から堺東駅をつなぐ派手なデザインのバスに描いてあるキャラクターが」面白いと話題になっています。

堺市には、大阪市からやってくる電車の路線が5本、南北に貫いています。JR阪和線と南海高野線、南海本線、阪堺電車、地下鉄御堂筋線です。

南北に5本も走っているというのに、東西をつなぐ電車がありません。東西の交通は南海バスが担っております。

堺の玄関口と言われる南海本線堺駅と、堺の行政と経済の中心地、高島屋のある南海高野線堺東駅をつなぐ大小路通りを走っているのは、堺シャトルバスです。

全面金色にペイントされており、ユーモラスなキャラクターが描かれています。

このキャラクターは南蛮渡来の南蛮人です。堺は戦国時代や江戸時代にポルトガルやスペインととの貿易があったのです。鉄砲やキリスト教を伝えたのも南蛮人ですね。堺まつりのパレードでは南蛮人に仮装した行列が行進します。

南蛮というのは、シャム・ルソン・ジャワなど南洋諸島のことで、ヨーロッパ人はそちら経由でやってきたので南蛮人と呼ばれたようです。

漢字を見ていると、南の野蛮な奴らという意味に読めますが、物珍しい異国文化を表す言葉であって、差別的な意味はないようです。

どっちかというと、三国人という言葉のほうが、漢字は全然差別的でないにもかかわらず、蔑称ととらえられているのはおかしなことですね。

ちなみに三国人というのは、終戦直後に、戦勝国でも敗戦国でもない、第三国である中国、朝鮮の人々のことを表した言葉だそうです。

2000年に石原慎太郎東京都知事(当時)が、陸上自衛隊練馬駐屯地創隊記念式典での演説で三国人という言葉を使って、余計な物議をかもしました。

うっかり発言には気をつけたいものですが、南蛮人の方はユーモアが理解されているようなので大丈夫でしょう。

◆ 堺のT 記



スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

  1. 2017-12-15

    たこ昌竹粋亭浜寺店の料理は本当にタコづくしでした

    たこ焼き割烹として有名な「たこ昌」は、長年気になりつつ、行ったことがなかったのです。 …
  2. 天満 ふくみ屋でもつ鍋

    2017-10-1

    天満のふくみ屋でリーズナブルなもつ鍋

    福福福と福を三つ書いて「ふくみ屋」 とも呼ばせるようです。 ご存知、天満から天神…
  3. 鈴の宮 蜂田神社の風鈴祭り

    2017-8-22

    鈴の宮 蜂田神社の風鈴祭り

    さわやかに自転車で走っておりましたら、おや? どこからともなく風鈴の音が聞こえてきました。 …
  4. 馬肉専門焼肉店 けとばし屋チャンピオン

    2017-8-3

    馬肉専門焼肉店 けとばし屋チャンピオン

    ちょっと気の利いた居酒屋などですと、馬刺しのメニューがあったりしますが、馬肉ばっかりというお…
  5. 都島の石窯ピザ COVO(コーヴォ)

    2017-6-2

    都島の石窯ピザ COVO(コーヴォ)

    COVO(コーヴォ)情報 地下鉄の都島駅の直ぐ側にある、石窯で焼いたピザなどを食べるこ…
ページ上部へ戻る