堺市だけが○丁目の目がない件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

堺市の住所は、町名の後の1丁目とか2丁目の「目」がないのです。「堺市堺区南庄町1丁」というふうに書きます。記者は堺市の出身なので、子供の頃は目に違和感があったのですが、世の中、目がある方が普通なのですね。

パソコンの自動変換でも、「1丁」と打ったつもりが「1兆」と出てきますもので、1丁目とわざわざ打ってから、目を消したりしています。その由来としては、堺は刃物の町なので、目を突いたらいけないから、なんていう人もいますが、それはウソです。

本当の由来は、「元和の町割り」にあります。

大阪夏の陣があったのが元和元年(1615年)でして、堺の町は丸焼けになりました。

徳川家康が、現在チンチン電車(阪堺電車)が走っている大道筋と(紀州街道)と、垂直に交わる大小路通を基軸にして、碁盤の目に整備しました。これが元和の町割りです。

大道筋
(大道筋)

真ん中の道路が大小路通
(真ん中の道路が大小路通)

今でも、大道筋沿いは通りひとつごとに町名が変わるほどの細かさなんですが、その昔は、ブロックごとに町名がついていたようで、狭い堺に400近くの町名があったそうです。

あまりに町名が多すぎるということで、明治になってから、主要な町名に東や西をつけて、さらに1丁2丁としたそうです。もともと町名がついていたので、「丁」は「町」の意味を表すものとして、「目」はつけなかったのだとか。

「1町」「2町」という意味ですね。

もともとの堺は、土居川に囲まれた狭いエリアですが、現在の堺市全般に踏襲されております。(平成17年2月に編入した美原区域を除きます。)

堺市外からくる郵便にはよく間違えて何丁目と書いてありますが、ちゃんと届いてますので、心配は無用です。

◆ 堺のT 記



スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

  1. 2017-12-15

    たこ昌竹粋亭浜寺店の料理は本当にタコづくしでした

    たこ焼き割烹として有名な「たこ昌」は、長年気になりつつ、行ったことがなかったのです。 …
  2. 天満 ふくみ屋でもつ鍋

    2017-10-1

    天満のふくみ屋でリーズナブルなもつ鍋

    福福福と福を三つ書いて「ふくみ屋」 とも呼ばせるようです。 ご存知、天満から天神…
  3. 鈴の宮 蜂田神社の風鈴祭り

    2017-8-22

    鈴の宮 蜂田神社の風鈴祭り

    さわやかに自転車で走っておりましたら、おや? どこからともなく風鈴の音が聞こえてきました。 …
  4. 馬肉専門焼肉店 けとばし屋チャンピオン

    2017-8-3

    馬肉専門焼肉店 けとばし屋チャンピオン

    ちょっと気の利いた居酒屋などですと、馬刺しのメニューがあったりしますが、馬肉ばっかりというお…
  5. 都島の石窯ピザ COVO(コーヴォ)

    2017-6-2

    都島の石窯ピザ COVO(コーヴォ)

    COVO(コーヴォ)情報 地下鉄の都島駅の直ぐ側にある、石窯で焼いたピザなどを食べるこ…
ページ上部へ戻る