堺泉酒造の千利休 44年ぶりの復活

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

堺泉酒造の千利休 44年ぶりの復活

大阪府堺市はかつては酒造りの盛んなところでした。

が、工業地帯化などで水が悪くなり、堺の酒蔵は次々と移転したり廃業したりで、なくなってしまいました。灘に移った酒蔵も、阪神淡路大震災で壊滅してしまって堺の酒蔵は滅亡してしまいました。

しかし平成27年、なんと44年ぶりに復活!堺泉酒造「利休蔵」という酒蔵が、堺東の繁華街にできたのであります。

記者は以前、堺の高級百貨店である高島屋で千利休を買い求めようとしたのですが、生産量が少なくて入ってこないとの返事。

が、人づてに、蔵元で買えるという情報を得まして、買いに行ったのです。

高島屋から徒歩5分。笑

(堺市堺区北花田口町1-1-23)

堺泉酒造の千利休 44年ぶりの復活

堺泉酒造の千利休 44年ぶりの復活

記者は高校生の頃からしょっちゅう通っていた道です。かつて料亭だったお店が酒蔵に変わっておりました。

ぜんぜん酒屋の雰囲気も、酒蔵の雰囲気もないので、普通に歩いていたら気が付かないかも。

お店側も普段売っていないのか、「ここで千利休は買えますか?」ときくと、しばらくポカンとしておられました。

まあ、買えるということで、千利休のにごり酒を買い求めさせていただきました。2300円。

堺泉酒造の千利休 44年ぶりの復活

お酒を包んでくれたビニール袋が泉勇之介商店だったのですけど、聞くところによると、免許の関係で泉勇之介商店という会社を灘から移してきて、堺泉酒造にしたそうです。

堺に酒蔵を復活させた立役者が、西條裕三さんという方で、この方、うちの奥さんも大好きな天野酒、西條合資会社の社長でした。

脳出血で倒れ酒造りから退いたものの、復帰したのち、堺に酒造りを復活させたいと思って尽力なさったのだとか。

あとでネットでしらべたら顔写真がありまして、お店で応対してくれたおじいさんが、まさにその方だったのです。

営業時間は10:00から17:00.土日祝はお休みです。


千利休の米は播州山田錦、水はなんと、水道水。

かつて大阪の水道水なんて、まずくて飲めたものではなかったですが、最近は水質改善されてペットボトルで売られているくらいです。

>>> 大阪市の水道水 ええやん

金剛山系の湧き水にもひけをとらないそうで、これでいける!となったそうですよ。

ただ、開口神社の井戸水という情報もあって、どちらかよくわかりませんが。

お味の方はやや甘口。冷やして飲むのがGOODです。スイスイといくらでも飲めるいい酒でした。

堺泉酒造の千利休 44年ぶりの復活

◆ 堺のT 記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

  1. 2017-12-15

    たこ昌竹粋亭浜寺店の料理は本当にタコづくしでした

    たこ焼き割烹として有名な「たこ昌」は、長年気になりつつ、行ったことがなかったのです。 …
  2. 天満 ふくみ屋でもつ鍋

    2017-10-1

    天満のふくみ屋でリーズナブルなもつ鍋

    福福福と福を三つ書いて「ふくみ屋」 とも呼ばせるようです。 ご存知、天満から天神…
  3. 鈴の宮 蜂田神社の風鈴祭り

    2017-8-22

    鈴の宮 蜂田神社の風鈴祭り

    さわやかに自転車で走っておりましたら、おや? どこからともなく風鈴の音が聞こえてきました。 …
  4. 馬肉専門焼肉店 けとばし屋チャンピオン

    2017-8-3

    馬肉専門焼肉店 けとばし屋チャンピオン

    ちょっと気の利いた居酒屋などですと、馬刺しのメニューがあったりしますが、馬肉ばっかりというお…
  5. 都島の石窯ピザ COVO(コーヴォ)

    2017-6-2

    都島の石窯ピザ COVO(コーヴォ)

    COVO(コーヴォ)情報 地下鉄の都島駅の直ぐ側にある、石窯で焼いたピザなどを食べるこ…
ページ上部へ戻る