サカキとシキミの苗を買って来た 違いとか育て方のまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

神棚のサカキ
帰省した際に、祖母が庭に植えるシキミの苗を買いに連れて行ってほしいとのリクエストで、園芸店へと出かけました。

ちょうど私も自宅や事務所の神棚用にサカキを育てようかと思っていたので運転手をかって出て、育て方など色々と聞いてきたので紹介します。

榊(サカキ)と樒(シキミ)はご存知でしょうか?

特に今の若い人には興味も無いのは当然だろうと思います。かく言う私もつい先日までは気にも止めなかったので決して偉そうな事は言えませんが、我々日本人にはものすごく縁の深い物です。

今すぐ用はなくとも、知識として覚えて置くべき事じゃないかと思います。

榊(サカキ)と樒(シキミ)の違い


まずは用途が違います。榊は神の木と書く字の通り、神事に使われます。
自宅の神棚にも祀ります。

神様の地とこの世の境で「サカキ」という説や、常に緑の葉が茂ることから
「栄える木」を略してサカキ。

どちらかと言うと、神の地との境の方が信憑性がある気がしますね。

対して樒。仏事に欠かせない樹木で、お寺や墓地の木として良く目にするのでは無いかと思います。

植物としては唯一、毒物及び劇物取締法により劇物に指定されている猛毒の種を造り、
「悪しき実」と呼ばれ、アシキミ、これが略してシキミとなったとか。

並べて見なければなかなか分かりづらいかとは思うのですが、サカキは葉に光沢があって無臭で硬い

対してシキミの枝葉は揉むと抹香臭の良い香りがします。線香や抹香の材料にもされたという事で、匂いがするという特徴があります。


榊(サカキ)と樒(シキミ)の育て方


サカキもシキミも育て方などは同じ様な感じで苗が春先になると出回るという事です。

とは言え、需要がそれほどあるわけでも無いので、大きな園芸店でも無ければ入手は難しいかと思います。

今はネットで購入できるという便利さ、苗を求めて走り回るよりは、私の様についでが無ければ結果ネットの方が安く購入できるかも知れません。

ちなみに今回はサカキもシキミも1000円ほどでした。

乾燥を嫌うので、余り長く陽が当たる場所だと水やりが大変になるとの事です。

樒(シキミ)
祖母家の庭に息子が植えたシキミ。

以前、北摂のガーデンセンターでKニーがサカキを購入していました。
>>> 北摂 ガーデンセンター華遊


榊(サカキ)と樒(シキミ)の増やし方


サカキもシキミも種から育てるか初夏の頃に挿し木で増やすと良いそうです。

春に伸びた若い枝を10~15センチほどに切って挿し木にすれば、次の年には勢い良く成長してくれるという事です。

私も挿し木で増やすつもり、この一本の苗からどれだけ増やせるか、が楽しみです。

秋に種が取れれば、果実から種を取ってすぐにまくと良いそうです。

これも秋に種が取れればやってみようかと思っています。(今年は無理でしょうが)

榊(サカキ)
自宅に植えたサカキ。

◆ 編集長G 記



スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

  1. 2017-12-15

    たこ昌竹粋亭浜寺店の料理は本当にタコづくしでした

    たこ焼き割烹として有名な「たこ昌」は、長年気になりつつ、行ったことがなかったのです。 …
  2. 天満 ふくみ屋でもつ鍋

    2017-10-1

    天満のふくみ屋でリーズナブルなもつ鍋

    福福福と福を三つ書いて「ふくみ屋」 とも呼ばせるようです。 ご存知、天満から天神…
  3. 鈴の宮 蜂田神社の風鈴祭り

    2017-8-22

    鈴の宮 蜂田神社の風鈴祭り

    さわやかに自転車で走っておりましたら、おや? どこからともなく風鈴の音が聞こえてきました。 …
  4. 馬肉専門焼肉店 けとばし屋チャンピオン

    2017-8-3

    馬肉専門焼肉店 けとばし屋チャンピオン

    ちょっと気の利いた居酒屋などですと、馬刺しのメニューがあったりしますが、馬肉ばっかりというお…
  5. 都島の石窯ピザ COVO(コーヴォ)

    2017-6-2

    都島の石窯ピザ COVO(コーヴォ)

    COVO(コーヴォ)情報 地下鉄の都島駅の直ぐ側にある、石窯で焼いたピザなどを食べるこ…
ページ上部へ戻る