讃岐うどんの銘店巡り行ってきました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

大阪人の記者はうどんが好きです。駅の売店の立ち食いうどんも美味しいですし、たまに東京でうどんを食べると、ああ、大阪人でよかったなあ~と感じます。

しかし大阪のうどんと言っても、讃岐うどんを売りにしている店は多いですね。本場である香川県のうどんはどうなんでしょう?

というわけでディープ大阪一同、淡路島を超えて、現地に取材してまいりました。


うどん県行きバスです。
 ↓
うどんバス
(※実際の取材は自家用車でいきました。)

香川県民のうどん好きの筋金入りっぷりはよく聞くところで、モーニングはうどん、ランチもうどん、おやつもうどん、夜のディナーは、肉系?魚系? それともうどん系? と現地の知人に尋ねられました。

ウソかマコトか香川県民は、うどんの食べ過ぎの塩分過多で脳梗塞、糖質のとりすぎで糖尿病が多い、なんて話も聞きます。うどん好きも命がけですね。

大阪人はそこまでうどんへの情熱はないと思います。


香川県につきましてまず驚いたのは、ホテルのフロントにおいてある、うどんガイド。ものすごい数のうどん店が載っております。

うどんガイドブック

うどん屋さんには、まちなかのセルフの食堂みたいなところと、料亭のような観光客向けのお店と、製麺所があると聞きました。製麺所で食べるというのは、あまり大阪では聞かないスタイルです。

山田屋

まずはこちら、素晴らしい中庭のある高級料亭のようなうどん店が、うどん本陣山田屋です。(高松市牟礼町牟礼3186)

もともと造り酒屋だったという建物です。大阪で、こんな店構えのうどん店はなかなかないと思います。

高級そうな雰囲気とは違って、お料理はけっこうリーズナブル。1000円でお釣りがあります。

山田屋

釜揚げうどんやぶっかけうどんなど、大阪でもお馴染みのオーソドックスなメニューです。もちもちした感じがおいしいです。際立った特徴はないですが、だれもが満足するうどんのお店でしょう。


香川県のセルフうどん


もっともよく見かけるのがセルフサービスのお店です。大阪でも丸亀製麺など増えておりますね。

一つ一つのお店に特色があって、あれこれ違いを語るのが面白いところです。

こちらは吉本食品。(東かがわ市三本松608)

吉本食品

吉本食品

かけうどんにちくわ天をのせて350円。

かけうどんには「そのまま」という注文の仕方があり、これは麺を温めも冷たくもせず、そのままの常温で、という意味だそうです。

出汁がちょっとぬるくなるので、熱いうどんをフーフーしながら食べることに慣れている大阪人にはちょと違和感があります。うどんののどごしと腰、美味しさがもっともよく味わえる、通の食べ方だということです。


手打十段うどんバカ一代(高松市多賀町1-6-7)
 ↓
うどんバカ一代

うどんバカ一代

釜バターうどん小をいただきました。490円。なんだかカルボラーナみたいですが、これがおいしく斬新な味わいでした。

こちらは早朝より営業しています。こういったセルフうどんも茹でたてが美味しいのは間違いなく、どのタイミングで茹でたてがいただけるか、は運次第、想像力をかきたてて出かけるのだとか。

うどんバカ一代さんは有名人のサインがいっぱいです。

うどんバカ一代


いくつかセルフのお店に行きましたが、どちらのお店も食券販売機などはなく、口頭での注文です。

モタモタしていると、舌打ちされる、と聞いていましたので緊張しました。実際に舌打ちされるようなことはありませんでしたが、おばちゃんが無愛想、というのはだいたい共通するようです。


製麺所で食べるうどん


うどん処しんせい。(高松市新田町甲375)
 ↓
うどん処 しんせい

看板に製麺所と書いてありますが、席がたくさんあり、中にがオープンテラスみたいになっています。わりと寛げる雰囲気です。

うどん処 しんせい

広い駐車場からは、源平古戦場跡の屋島山が見え、なんだか道の駅のような雰囲気でもありました。

うどん処 しんせい

うどんの表面がぬるりとした感じがあるのが特徴です。わかめうどん小とタコの天ぷらで580円。

うどん処 しんせい



一番強烈に印象に残っているのがこちら、谷川製麺所です。(高松市東植田町2139-1)
 ↓
うどん処 しんせい

田園地帯の川沿いにありまして、看板も出ておりません。民家の中にうどん工場がある、といったかんじです。入り口を入ると木箱が山積みになっており、テーブルは2つほどありますが、とてもお食事処には見えません。

うどんが茹で上がると工場に入れてもらえます。うどんのお椀を受け取り、寸胴でゆだっている肉やら野菜やらを自分で掬いあげて、うどんにかけて食べます。うどん小は250円。

谷川製麺所

唐辛子は庭で作っているそうで強烈な辛さです。

谷川製麺所

うどんと出しと唐辛子のセットが1000円でした。おみやげに良いですね。

谷川製麺所


それぞれ味わいが違っていて奥深いのが香川のうどんでした。

道を走っていても商店街の中でも、いたるところうどん屋さんだらけです。数店訪れただけで、香川のうどんを語るのもおこがましいと思いますが、以上簡単なレポートでした。

しかし、立て続けにうどんばっかりというのも、けっこう辛いものがありまして、香川県人おそるべし。

◆ 堺のT 記



スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

  1. 2017-12-15

    たこ昌竹粋亭浜寺店の料理は本当にタコづくしでした

    たこ焼き割烹として有名な「たこ昌」は、長年気になりつつ、行ったことがなかったのです。 …
  2. 天満 ふくみ屋でもつ鍋

    2017-10-1

    天満のふくみ屋でリーズナブルなもつ鍋

    福福福と福を三つ書いて「ふくみ屋」 とも呼ばせるようです。 ご存知、天満から天神…
  3. 鈴の宮 蜂田神社の風鈴祭り

    2017-8-22

    鈴の宮 蜂田神社の風鈴祭り

    さわやかに自転車で走っておりましたら、おや? どこからともなく風鈴の音が聞こえてきました。 …
  4. 馬肉専門焼肉店 けとばし屋チャンピオン

    2017-8-3

    馬肉専門焼肉店 けとばし屋チャンピオン

    ちょっと気の利いた居酒屋などですと、馬刺しのメニューがあったりしますが、馬肉ばっかりというお…
  5. 都島の石窯ピザ COVO(コーヴォ)

    2017-6-2

    都島の石窯ピザ COVO(コーヴォ)

    COVO(コーヴォ)情報 地下鉄の都島駅の直ぐ側にある、石窯で焼いたピザなどを食べるこ…
ページ上部へ戻る