スーチカー(豚の塩漬け)の作り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スーチカー(豚の塩漬け)
私のような沖縄を始めとする南の島かぶれの者には定番なスーチカー。豚の塩漬けです。

元々は冷蔵庫の無い時代にどこの家庭でも行われていた豚肉の保存方法だったと言います。難しい事は何にもなく、さっとできるので是非やってみてください。

もともとは保存食として塩漬けにしていたので島の年寄りに話を聞くと「ものすごくしょっぱい」という代物。今のスーチカーはそもそも違う食べ物なのです。と言うことを踏まえてのレシピです。

スーチカー(豚の塩漬け)
豚の三枚肉を買ってきてしっかりと塩をすり込んでまぶします。ちょっと贅沢に塩にはこだわってください。私は沖縄の塩をとかをたっぷり使います。我が家では豚バラが好きですが、豚の油が苦手な人はヒレとかで作っても、又ソレはソレで独特の触感が楽しめます。

そして、冷蔵庫で1~2日ジップロックに入れて保存。何度も作ってますが、大きめのばら肉で作った方が2日置いての塩加減が良い感じ、大きめの肉がコツのようです。

スーチカー(豚の塩漬け)
1日置いたら水分が出てこんな感じ。あとは塩抜き。水でさっと洗って沸騰したお湯にいれて30分ほど。1~2日でも十分しょっぱいんで、何度か作って好みの塩漬けするベストな時間を探してくださいね。

スーチカー(豚の塩漬け)のレシピ


薄くスライスして胡瓜とともに。さっとフライパンで炙っても良いです。炙ったスーチカにシークヮーサーとかレモンを絞るとビールとの相性最高。

チャーハンの具にすると豚の油と塩加減が美味い。南の島の定番の冬瓜スープ。スーチカときのこの炒めもの。要は豚肉を使った料理には何でも使える訳です。

独特の匂いとか味があって、冒頭の南の島かぶれな私などには堪らないひと品です。

スーチカの炙り

◆ グルメライターH 記



スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

  1. 天満 ふくみ屋でもつ鍋

    2017-10-1

    天満のふくみ屋でリーズナブルなもつ鍋

    福福福と福を三つ書いて「ふくみ屋」 とも呼ばせるようです。 ご存知、天満から天神…
  2. 鈴の宮 蜂田神社の風鈴祭り

    2017-8-22

    鈴の宮 蜂田神社の風鈴祭り

    さわやかに自転車で走っておりましたら、おや? どこからともなく風鈴の音が聞こえてきました。 …
  3. 馬肉専門焼肉店 けとばし屋チャンピオン

    2017-8-3

    馬肉専門焼肉店 けとばし屋チャンピオン

    ちょっと気の利いた居酒屋などですと、馬刺しのメニューがあったりしますが、馬肉ばっかりというお…
  4. 都島の石窯ピザ COVO(コーヴォ)

    2017-6-2

    都島の石窯ピザ COVO(コーヴォ)

    COVO(コーヴォ)情報 地下鉄の都島駅の直ぐ側にある、石窯で焼いたピザなどを食べるこ…
  5. 大阪駅前第4ビルB2F おばんざい酒場 六平

    2017-6-1

    大阪駅前第4ビルB2F おばんざい酒場 六平

    おばんざい酒場 六平 情報 六平とかいて、ロクベエです。ちょっと一杯飲み屋の激戦区、大…
ページ上部へ戻る