スマートフォンの所有率



スマートフォンの所有率が20%前半まで伸びているそうです。私の回りでは、これまでの携帯を使うものは一人も居なくなってしまいました。

スマフォユーザーの7割がこの一年間に乗り換えたと言うアンケート結果があり、その詳細が業界の人間には興味深い数字となっています。

たとえば、

男性20代の42.0%、男性30代の33.3%、女性20代の30.9%、男性10代の29.2%。さらに、スマホへの乗り換えを検討している層は66.6%にもなるといい、潜在的なスマホユーザーがまだまだ沢山いることが想像できます。

本格的な普及はこれから、とする意見もあります。

機種別を見ると、

iPhone4の所有率がずば抜けていて2割以上のシェアをキープ、以下、iPhone3GS、Xperia、REGZA Phoneと続きます。

OSのシェアはアンドロイドに軍パイがあがります。

IT業界に居る者としては、やはり携帯からスマホへの移行期の今は様々な情報を入手しつつ対策を練る毎日だったりします。

ちなみに私はiPhone3GSとDocomoのMEDIASの2台のスマホ持ち、仕事ももはやスマホ無しでは成り立たない状態です。



スポンサードリンク



コメントを残す