• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

大阪近郊で茶摘み体験
夏も近づく八十八夜~、というのは茶摘みの歌ですね。八十八夜は、立春を1日目としてとして88日目にあたり、現在では5月2日にあたるそうです。梅雨の前のさわやかな季節にお茶摘みは素敵な行事です。

茶摘みは、日本人なら是非しておきたいところ。茶道を嗜んでいても、お茶摘みをしたことがある人は案外少ないようです。お茶の有名どころといえば静岡か京都の宇治ですが、大阪近辺で茶摘み体験のできるところも意外とあります。

京都おぶぶ茶苑(京都府相楽郡和束町園大塚2)
水沢茶農業協同組合(三重県四日市市水沢町2441-3)
静香園(兵庫県神戸市灘区原田小屋場大原1-5)
服部製茶場(京都府宇治市白川川上り谷72番地)

記者は奈良の大和茶の茶畑で茶摘み体験をさせてもらいました。奈良も緑茶生産量は日本で第6位なのです。

場所は、奈良県大和郡山市筒井町696-1 健一自然農園というところです。高齢化で耕作放棄地になっていた茶畑を、伊川健一さんという人が19歳で引き継いで復活させたんだとか。若いのに大したものです。

大阪近郊の茶摘み体験
茶摘みは大きなかごに、お茶の新芽を摘んでいれていきます。先っちょだけを摘んだものと、葉っぱも一緒に摘んだものとでは味が変わるんだとか。

大阪近郊の茶摘み体験
摘んだ葉は、大きな釜で炒りまして、ザルで揉みます。この作業も体力を使ってなかなか楽しいです。それを何回か繰り返すと、見事な緑茶の葉のできあがり!

大阪近郊の茶摘み体験
大阪近郊の茶摘み体験
大阪近郊の茶摘み体験
大阪近郊の茶摘み体験
急須に入れて美味しくいただけます。

この後に発酵させたりという工程の違いで、紅茶になったり烏龍茶になったりするとのこと。年に3回茶摘み体験はあって、時期によっては紅茶作りになるそうです。

こういう体験をしておくと、お茶をのむときも思わずうんちくを垂れたりして人生楽しくなることうけあいです。

◆ 堺のT 記



スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

  1. 2017-12-15

    たこ昌竹粋亭浜寺店の料理は本当にタコづくしでした

    たこ焼き割烹として有名な「たこ昌」は、長年気になりつつ、行ったことがなかったのです。 …
  2. 天満 ふくみ屋でもつ鍋

    2017-10-1

    天満のふくみ屋でリーズナブルなもつ鍋

    福福福と福を三つ書いて「ふくみ屋」 とも呼ばせるようです。 ご存知、天満から天神…
  3. 鈴の宮 蜂田神社の風鈴祭り

    2017-8-22

    鈴の宮 蜂田神社の風鈴祭り

    さわやかに自転車で走っておりましたら、おや? どこからともなく風鈴の音が聞こえてきました。 …
  4. 馬肉専門焼肉店 けとばし屋チャンピオン

    2017-8-3

    馬肉専門焼肉店 けとばし屋チャンピオン

    ちょっと気の利いた居酒屋などですと、馬刺しのメニューがあったりしますが、馬肉ばっかりというお…
  5. 都島の石窯ピザ COVO(コーヴォ)

    2017-6-2

    都島の石窯ピザ COVO(コーヴォ)

    COVO(コーヴォ)情報 地下鉄の都島駅の直ぐ側にある、石窯で焼いたピザなどを食べるこ…
ページ上部へ戻る