堺のリサイクルショップ 浦美術館

大阪市内から堺方面に阪神高速堺線を走り続けると国道26号線に合流するわけですが、ちょうど合流する地点の左側に、でっかい恐竜がいます。たぶんティラノサウルスだと思うんですが、浦美術館の看板です。

堺のリサイクルショップ 浦美術館

テレビのCMでもやっている、堺ではちょっと知られたお店です。といっても実は美術館ではなく、リサイクルショップです。さおして、リサイクルショップといっても、置いてある商品は、そんじょそこらのショップと違って、事務機器や電化製品じゃありません。


子供と近くのスーパー銭湯に行くついでに、お店の中をのぞいてみました。

店主(館長?)らしき年配の男性が、奥からでてきて声をかけてくれました。
しかし、いらっしゃいませ、でも、こんにちは、でもなく、開口一番、

「だんじり、買うてや~。」

堺のリサイクルショップ 浦美術館

お店の入り口のところに、だんじりの山車(だし)がおいてありました。本物?

「あれ、ほんまに引っ張ってたやつでっか??」ときけば、

「そうや。ふたつあんねん。買うてや~」

恐ろしくて、値段は聞かなかったです。


さらに、

「おじょうちゃん、おもろいもんあるで~」と指差したのは、実物大のシロクマでした。

剥製?


ほかにも、オペラ座の怪人に出てくるような落ちてきたら即死大のシャンデリアや、ワシントン条約が気になる象牙の彫り物や、どんな料理を盛るねん、というほどでっかいお皿や、金の仏像やエルビスプレスリーやマリリンモンローや鉄人28号や、すごいもんでいっぱいでした。(ヤフオクにも出品しているようです。)

店内のBGMは、古そうな木の箱の、ハトが鐘を突っついて鳴るオルゴールでした。

日本古来の鎧兜もずらーっと並んでおりました。私の友人に鎧を三つ持っていると自慢している者がいるのですが、ここで揃えれば対抗できそうです。

いやあ、いいもの見せてもらいました。3歳の娘は「怖い~」と泣きっぱなしでしたが。

店の入り口には、暴力団お断りの張り紙がありました。たぶん、来るんでしょうね。






スポンサードリンク



コメントを残す