ぐるぐる模様のぐい呑猪口

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

蛇の目 利き猪口グラス
利き猪口グラスというのを土産にと貰いました。酒も好きですが、酒器好きな私には嬉しい土産。

この底にあるぐるぐる模様は見覚えの有る方が多いと思います。うちにもこの猪口が幾つかあったと思って食器棚見たら、やっぱりありました。

蛇の目模様の利き酒用のぐい呑
日本酒を飲む人なら目にする事も多いかと思うのが、このぐい呑。猪口(ちょこ)という言い方もあるかも知れません。うちにあったのは、8勺と2勺サイズじゃなかろうかと。サイズは一番大きいのは1合というのが有るはずです。

蛇の目模様の利き酒用のぐい呑
店でもこんな感じで出される事多いですね。これは丹後半島の向井酒造の伊根満開。古代米を使った赤い色の珍しい酒です。

さて、この呼名、私自身もタイトル通りに「ぐるぐる模様のぐい呑猪口」みたいな呼び方をしていたものの、改めて名称聞かれるとよく判らんな、というのが正直な所です。

蛇の目模様の利き酒用のぐい呑、というのが正しい名称の様です。ぐい呑と猪口は別物でしょう、という話はさておき、ぐるぐる模様は蛇の目と言って、文字通り蛇の目。

日本酒の利酒をする際に、蛇の目の模様の白い部分で日本酒の「透明度」を計り、青い部分で日本酒の「光沢」をチェックするんだそう。

日本酒は全部無色透明なわけではなく、濁りがあったり銘柄によってそれぞれです。日本酒は黄味がかった物が多く、反対色である青が使われているという話には多いに頷きました。

蛇の目模様の利き酒用のぐい呑
この写真を見ればなんとなく色の違いなどが判るのではないでしょうか。これは昨年の利酒イベントでの利酒様のぐい呑で、これは蛇の目ではなくてスマイルマークがデザインされている面白い逸品ですね。(くりっくして大きくしてみてみてください)

古くから神事に関わる日本酒を蛇の目を持って清める魔除けとしての意味もあるそうで、蛇の目を採用したのは明治44年、第1回の全国新酒鑑評会が始まりだそうです。

そして、こうして家庭や店で使う蛇の目ぐい呑と言うのは、焼いたあとに色を付けるので、蛇の目の部分が盛り上がってて、飲みくちが薄いとか違う物だったりします。

◆ グルメライターH 記



スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

  1. 2017-12-15

    たこ昌竹粋亭浜寺店の料理は本当にタコづくしでした

    たこ焼き割烹として有名な「たこ昌」は、長年気になりつつ、行ったことがなかったのです。 …
  2. 天満 ふくみ屋でもつ鍋

    2017-10-1

    天満のふくみ屋でリーズナブルなもつ鍋

    福福福と福を三つ書いて「ふくみ屋」 とも呼ばせるようです。 ご存知、天満から天神…
  3. 鈴の宮 蜂田神社の風鈴祭り

    2017-8-22

    鈴の宮 蜂田神社の風鈴祭り

    さわやかに自転車で走っておりましたら、おや? どこからともなく風鈴の音が聞こえてきました。 …
  4. 馬肉専門焼肉店 けとばし屋チャンピオン

    2017-8-3

    馬肉専門焼肉店 けとばし屋チャンピオン

    ちょっと気の利いた居酒屋などですと、馬刺しのメニューがあったりしますが、馬肉ばっかりというお…
  5. 都島の石窯ピザ COVO(コーヴォ)

    2017-6-2

    都島の石窯ピザ COVO(コーヴォ)

    COVO(コーヴォ)情報 地下鉄の都島駅の直ぐ側にある、石窯で焼いたピザなどを食べるこ…
ページ上部へ戻る