百舌鳥のふとん太鼓

  • follow us in feedly

大阪の秋の祭と言えば、岸和田のだんじりが有名すぎて、影に隠れてしまっている感じもありますが、大阪の秋祭では、ふとん太鼓が出動してくる地域も多いです。

特に堺市の百舌鳥八幡宮月見祭のふとん太鼓は、いっぺんに9台、子供太鼓も合わせると18台が宮入りし、壮観なお祭りです。

百舌鳥のふとん太鼓

百舌鳥の布団太鼓は巨大です

地面を引っ張り回すだんじりと違って、百舌鳥のふとん太鼓は、肩に担いで動かします。

その重量たるや、およそ2トン。

50人から70人くらいの担ぎ手が支えるふとん太鼓が、神社の長い石段を、ゆさゆさ揺れながら登ったり降りたりします。

ふとん太鼓は、太鼓台の上に赤いふとんを5枚、逆の台形型に積んでいるのが特徴です。

この巨大な座布団は、神様が座るところとされていますが、実際は電線やら木の枝を避ける係の人が載っております。法被姿で勇壮です。

布団の下に位置する太鼓台には、化粧をした男の子が8人乗って太鼓を叩いて歌います。乗り子と呼ばれます。

ベーラベーラベラショッショイという掛け声が特徴的です。

記者が子供の頃は、乗り子になれるのは地の子だけ、それも、昔々から先祖代々百舌鳥に住み着いている家の子だけだということでした。

記者の実家も戦前から百舌鳥なのですが、そのくらいじゃ古さが足りなかったようで、乗り子にはなれず、記者は子供太鼓の担ぎ手をしておりました。

高齢少子化の今ではどうなのかは知りませんが。

百舌鳥のふとん太鼓

ふとん太鼓 宮入宮出しの日程に注意

堺は、ふとん太鼓のエリアとだんじりのエリアが混在しており、9月・10月はいろいろ見れて面白いです。車で移動をする人は、あちこち通行止めで大変ですので、布団太鼓とだんじりの通るエリアと、日程を調べておきましょう。

ふとん太鼓は、今は百舌鳥八幡が有名ですが、菅原神社、方違神社、開口神社など旧の堺エリアの神社への宮入りするふとん太鼓もあります。

こちらはもともとは地車だったのが狭い紀州街道ですれ違いができず、瓦の投げ合いの争いになって死傷者がでたということで地車禁止になりました。(明治29年、堺の地車騒動)

日露戦争の勝利で地車解禁になった時に、ふとん太鼓が新調されまして、戦前は菅原神社に14台の宮入りという盛大な祭だったようですが、昭和20年の堺の大空襲でほとんど燃えてしまいました。

現在は、このエリアのふとん太鼓は、タイヤをつけて引っ張っております。

百舌鳥のふとん太鼓に比べて、台数も少ないし、やや迫力不足です。

伝統的まつりではありませんが(1974年より)、堺の中心の大小路通りで毎年10月に開催される堺まつりのパレードでは、あちらこちらのふとん太鼓が集結して太鼓の共演をしますので、そちらも見ものです。

◆ 堺のT 記



スポンサードリンク



  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

  1. ワールド牧場

    2018-4-1

    ワールド牧場大阪でレンタルペットと宿泊

    記者の娘は3歳の頃から、犬を買いたいと願っておりまして、それは七五三の折に神社の絵馬に「いぬ…
  2. 小松家 ざるそば

    2018-3-30

    石山寺の小松家の蕎麦とシジミ飯

    小松家情報 瀬田川を一望する席はのんびり出来て特に天気の良い日にはゆっくりと寛ぎながら…
  3. 千利休の茶器

    2018-1-24

    映画 嘘八百ロケ地ガイド

    中井貴一演じるイカサマ骨董屋と、佐々木蔵之介演じる贋物陶芸家がタッグを組んで、千利休の幻の茶器をネタ…
  4. 2017-12-15

    たこ昌竹粋亭浜寺店の料理は本当にタコづくしでした

    たこ焼き割烹として有名な「たこ昌」は、長年気になりつつ、行ったことがなかったのです。 …
  5. 天満 ふくみ屋でもつ鍋

    2017-10-1

    天満のふくみ屋でリーズナブルで美味しいもつ鍋

    福福福と福を三つ書いて「ふくみ屋」 とも呼ばせるようです。 ご存知、天満から天神橋筋…
ページ上部へ戻る