堺のリサイクルショップ 浦美術館

  • follow us in feedly

堺のリサイクルショップ 浦美術館

浦美術館は堺市にある衝撃的なリサイクルショップ

大阪市内から堺方面に阪神高速堺線を走り続けると、国道26号線に合流します。

ちょうど合流する地点の左側に、でっかい恐竜がいます。

こいつは、たぶんティラノサウルスだと思うんですが、浦美術館の看板です。

 

浦美術館はテレビのCMでもやっている、堺ではちょっと知られたお店です。

といっても実は美術館ではなく、リサイクルショップです。

しかし、リサイクルショップといっても、置いてある商品は、そんじょそこらのショップと違って、事務機器や電化製品じゃありませんのです。

古美術商といえなくもないですが、いや、なんだかいろいろ、ぶっ飛んでおります。

 

浦美術館の社長

近くにスーパー銭湯がありまして、子供とそちらに行くついでに、裏美術館の店内をのぞいてみました。

店主(館長?)らしき年配の男性が、奥からでてきて声をかけてくれました。

しかし、「いらっしゃいませ」でも、「こんにちは」でもなく、開口一番、

「だんじり、買うてや~。」

 

堺のリサイクルショップ 浦美術館

 

お店の入り口のところに、まごうことのない、山車(だんじり)がおいてありました。

本物???

「あれ、ほんまに引っ張ってたやつでっか??」ときけば、

「そうや。ふたつあんねん。買うてや~」

 

恐ろしくて、値段は聞かなかったです。

どうもこの方、浦美術館の社長さんのようでした。

高級品を扱っているお店の社長と思えぬ、フランクさというか、ざっくばらんさというか、テキトーなおもてなしに、記者は大いにビビったのでありました。

 

浦美術館の骨董品

さらに、

「おじょうちゃん、おもろいもんあるで~」と指差したのは、天井付近からこちらを見下ろしている、実物大のシロクマでした。

剥製?

シロクマって、でっかいんですよ。いきなり間近で目撃したら、腰が抜けます。

ほかにも、オペラ座の怪人に出てくるような、落ちてきたら即死であろうでっかいシャンデリアや、ワシントン条約が気になる象牙の彫り物や、何十人分盛れるねん、というほどでっかいお皿や、金の仏像や、エルビスプレスリーや、マリリンモンローや、鉄人28号や、すごいもんでいっぱいでした。

 

日本古来の鎧兜もずらーっと並んでおりました。

私の友人に、レプリカの鎧を三つ持っていると自慢している者がいるのですが、ここで揃えれば対抗できそうです。

しかも、レプリカというかんじじゃないし。

鎧コーナーからは、なんだか妖気が漂っているようなかんじも。

古そうな木の箱の、ハトが鐘を突っついて鳴るオルゴールの音楽が店内のBGMでして、これも、遊園地などでなっていれば可愛らしいと思いますが、ここでは不気味さに輪をかけているようなかんじがします。

 

いやあ、いいものたくさん見せてもらいました。3歳の娘は「怖い~」と泣きっぱなしでしたが。小さい子供は、霊感が冴えているのかもしれません。

これらの古物品は、ヤフーのオークションにも出品しているようです。でも、是非実物が陳列されている様子を見ていただきたいですね。

 

店の入り口には、暴力団お断りの貼り紙がありました。

たぶん、本当に来るんでしょう。事務所の壁飾りに似合いそうなものもいっぱいありますから。

 

◆堺のT 記

  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

  1. 守口の中華居酒屋 笑び食堂

    2019-2-9

    守口の中華居酒屋 笑び食堂

    笑び食堂 笑び食堂という名前が良いですね。いかにも楽しく食事ができそうな店名に加えて、…
  2. 三線

    2019-1-29

    大阪近郊で三線の生演奏が聞けるお店

    ザ・ブームの島唄や沖縄の石垣島出身のビギンなど、沖縄の三線を使った音楽はすっかり市民権を得た…
  3. 堺東 瓦亭の焼肉

    2018-6-17

    堺東 瓦亭の焼肉ランチの満足度高し

    瓦亭チェック! 堺東の商店街の少し外れ、瓦亭です。 リーズナブルに美味しい焼…
  4. くら乃 ホルモン五種盛り

    2018-6-14

    関目高殿 肉匠くら乃の和牛焼き肉

    肉匠くら乃の店舗情報 幾つもの飲食店を経営するドリームリアリティグループがマネージメン…
  5. ワールド牧場

    2018-4-1

    ワールド牧場大阪でレンタルペットと宿泊

    記者の娘は3歳の頃から、犬を買いたいと願っておりまして、それは七五三の折に神社の絵馬に「いぬ…
ページ上部へ戻る