堺のリサイクルショップ 浦美術館

  • follow us in feedly

堺のリサイクルショップ 浦美術館

浦美術館は堺市にある衝撃的なリサイクルショップ

大阪市内から堺方面に阪神高速堺線を走り続けると、国道26号線に合流します。

ちょうど合流する地点の左側に、でっかい恐竜がいます。

こいつは、たぶんティラノサウルスだと思うんですが、浦美術館の看板です。

 

浦美術館はテレビのCMでもやっている、堺ではちょっと知られたお店です。

といっても実は美術館ではなく、リサイクルショップです。

しかし、リサイクルショップといっても、置いてある商品は、そんじょそこらのショップと違って、事務機器や電化製品じゃありませんのです。

古美術商といえなくもないですが、いや、なんだかいろいろ、ぶっ飛んでおります。

 

浦美術館の社長

近くにスーパー銭湯がありまして、子供とそちらに行くついでに、裏美術館の店内をのぞいてみました。

店主(館長?)らしき年配の男性が、奥からでてきて声をかけてくれました。

しかし、「いらっしゃいませ」でも、「こんにちは」でもなく、開口一番、

「だんじり、買うてや~。」

 

堺のリサイクルショップ 浦美術館

 

お店の入り口のところに、まごうことのない、山車(だんじり)がおいてありました。

本物???

「あれ、ほんまに引っ張ってたやつでっか??」ときけば、

「そうや。ふたつあんねん。買うてや~」

 

恐ろしくて、値段は聞かなかったです。

どうもこの方、浦美術館の社長さんのようでした。

高級品を扱っているお店の社長と思えぬ、フランクさというか、ざっくばらんさというか、テキトーなおもてなしに、記者は大いにビビったのでありました。

 

浦美術館の骨董品

さらに、

「おじょうちゃん、おもろいもんあるで~」と指差したのは、天井付近からこちらを見下ろしている、実物大のシロクマでした。

剥製?

シロクマって、でっかいんですよ。いきなり間近で目撃したら、腰が抜けます。

ほかにも、オペラ座の怪人に出てくるような、落ちてきたら即死であろうでっかいシャンデリアや、ワシントン条約が気になる象牙の彫り物や、何十人分盛れるねん、というほどでっかいお皿や、金の仏像や、エルビスプレスリーや、マリリンモンローや、鉄人28号や、すごいもんでいっぱいでした。

 

日本古来の鎧兜もずらーっと並んでおりました。

私の友人に、レプリカの鎧を三つ持っていると自慢している者がいるのですが、ここで揃えれば対抗できそうです。

しかも、レプリカというかんじじゃないし。

鎧コーナーからは、なんだか妖気が漂っているようなかんじも。

古そうな木の箱の、ハトが鐘を突っついて鳴るオルゴールの音楽が店内のBGMでして、これも、遊園地などでなっていれば可愛らしいと思いますが、ここでは不気味さに輪をかけているようなかんじがします。

 

いやあ、いいものたくさん見せてもらいました。3歳の娘は「怖い~」と泣きっぱなしでしたが。小さい子供は、霊感が冴えているのかもしれません。

これらの古物品は、ヤフーのオークションにも出品しているようです。でも、是非実物が陳列されている様子を見ていただきたいですね。

 

店の入り口には、暴力団お断りの貼り紙がありました。

たぶん、本当に来るんでしょう。事務所の壁飾りに似合いそうなものもいっぱいありますから。

 

◆堺のT 記



スポンサードリンク



  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

  1. ワールド牧場

    2018-4-1

    ワールド牧場大阪でレンタルペットと宿泊

    記者の娘は3歳の頃から、犬を買いたいと願っておりまして、それは七五三の折に神社の絵馬に「いぬ…
  2. 小松家 ざるそば

    2018-3-30

    石山寺の小松家の蕎麦とシジミ飯

    小松家情報 瀬田川を一望する席はのんびり出来て特に天気の良い日にはゆっくりと寛ぎながら…
  3. 千利休の茶器

    2018-1-24

    映画 嘘八百ロケ地ガイド

    中井貴一演じるイカサマ骨董屋と、佐々木蔵之介演じる贋物陶芸家がタッグを組んで、千利休の幻の茶器をネタ…
  4. 2017-12-15

    たこ昌竹粋亭浜寺店の料理は本当にタコづくしでした

    たこ焼き割烹として有名な「たこ昌」は、長年気になりつつ、行ったことがなかったのです。 …
  5. 天満 ふくみ屋でもつ鍋

    2017-10-1

    天満のふくみ屋でリーズナブルで美味しいもつ鍋

    福福福と福を三つ書いて「ふくみ屋」 とも呼ばせるようです。 ご存知、天満から天神橋筋…
ページ上部へ戻る