大阪地酒を味わう 天満大酒会

天満大酒会

ディープ大阪一同、今年も行ってきました、天満大酒会。桜ノ宮の帝国ホテルの隣のOAPプラザの大川沿いにある広場で毎年行われるイベントです。

今年は大阪の地酒すべてが集まるんだと前売り券を買い求めた酒屋の親父が言ってましたが、確かに56種もの酒が試飲出来ると言うのは、日本酒派にとっては嬉しいイベントなのは間違いありません。

大阪は江戸の時代には天下一の酒どころと名高く、摂津・河内・和泉の三州の酒は競って飲まれたといいます。

近年日本酒離れが叫ばれるなかで、北摂の山間から泉南の海沿いまで、大阪の土地、歴史、風土が育てた「大阪の地酒」の魅力を存分に味わおうと2013年、大阪城を望む場所で「大阪酒復活」のイベントとして狼煙があがったというイベントです。

天満大酒会の楽しみ方

大酒会のシステムはなかなか面白くて、1000円の前売り券を買うと、1000円分の金券と試飲用のお猪口が貰えます。

各地酒の名が入ったレアな猪口です。試飲と言えば、ぐるぐる模様の蛇の目模様の猪口ですが、大酒会の猪口はスマイルマークの可愛い奴だったりします。

ちなみに当日券で楽しむ際には、1000円の金券に加えて300円でお猪口を購入、1300円がまず必要となります。

この金券を持って、各銘柄のブースへ行き専用の猪口で試飲する、という仕組みになっています。金券が足りなくなれば、1000円のチケットをまた買いに行く、という事が繰り返されるのでした。

枝豆などのいわゆる肴も、この金券で購入することが出来るのです。

大阪地酒 天満大酒会2015*クリックで拡大

今回の試飲銘柄リストです。秋鹿や天野酒、呉春などディープ大阪スタッフが好む、大阪の有名地酒ですが、有名無名問わず、こんなにも沢山の地酒文化が大阪にあるということに感動。

秋鹿や天野酒はやっぱり外しませんが、今年、ディープ大阪の人気銘柄、断トツ一位だったのが、「荘の郷(しょうのさと)」、泉佐野にある北庄司酒造所店の酒、純米から大吟醸まで全て評価は高いお酒でした。

太陽がてっぺん越えて木陰が無くなり、2時間も試飲した頃に退散となりました。

天満大酒会への苦言

ほろ酔い加減で苦言は幾つも出ましたね。運営側はもっとプロの仕事をしないといけません。

会場整理はもっときっちりとしなければ、何処に並べば良いか判らないし、横入りもし放題。罵り合いも見かけました。

試飲する場所も無い様な狭い会場では、これ以上のこの集まりの賑わいは無いな、とも思います。

正直、「大阪の酒はもう全部いただいたんで来年はもういいや」と言うのがこのイベントの感想だったりするぐらい、人災的な不快感を感じるイベントだったりしたのも本当で実に勿体無い。

そうこうしながら、まだまだ賑わっている会場を後に、ディープ大阪なメンバーは京橋のディープ商店街へと突撃しました。京橋のレポートはまた後日。

◆ 編集長G 記

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

  1. タグボート大正(TUGBOAT TAISHO)

    2020-2-25

    タグボート大正(TUGBOAT TAISHO)を100%楽しむための食べ歩きレポート

    タグボートと言うのは、船舶や水上構造物を引っ張る曳舟のことで、周りを運河に囲まれた、大正区あ…
  2. ヘルプマーク

    2020-2-21

    ヘルプマークを持つ方への配慮 対象者や大阪での配布場所の紹介

    何時頃からか、ディープ大阪のスタッフの一人がヘルプマークを鞄に付けて歩くのを見るようになりま…
  3. カヌレ堂 CANELE du JAPON

    2020-2-15

    大阪のカヌレといえばカヌレ堂 CANELE du JAPON【絶対外さないプチギフト】

    「今までもらったお菓子の中で一番素敵で嬉しかった。」 以前、お世話になっている人からそ…
  4. 阪神イカ焼き

    2020-2-13

    阪神百貨店 スナックパークの大阪名物 イカ焼き

    イカ焼きもメジャーになって、もはやディープでも無いかもしれませんが、大阪名物の一つ「阪神百貨…
  5. 守口の中華居酒屋 笑び食堂

    2019-2-9

    守口の中華居酒屋 笑び食堂

    笑び食堂 笑び食堂という名前が良いですね。いかにも楽しく食事ができそうな店名に加えて、…
ページ上部へ戻る