大阪の自然災害【津波には注意】

  • follow us in feedly

大阪はおかげさまで自然災害の少ないところでして、私が生まれてからはこれといって大災害に遭っておりません。

阪神淡路大震災のときは、大阪でも活断層の上の古い家屋などで被害があったようですが、そんなに大災害というほどでもなかったし、台風もだいたいうまい具合にそれてくれています。

大阪の自然災害

しかし、まったく安心かというとそんなこともなくて、記者の地元、堺でも戦前には大洪水があり大勢亡くなられました。(三宝小学校に碑が建っています。)歴史的にも、安政南海地震(1854年)、宝永地震(1707年)、正平南海地震(1361年)などで大阪に津波被害がでております。

地球の歴史から見ると、100年やそこら、一昔にもならないでしょう。阪神淡路大震災までは神戸なども災害の少ない安心な街だと思われていたのですから。

大阪の自然災害

大阪の自然災害

東日本大震災のあとはハザードマップも見直され、危険地帯がずいぶん広がりました。ハザードマップは各市町村のホームページよりダウンロードできます。

大阪市 → http://www.city.osaka.lg.jp/kikikanrishitsu/page/0000299877.html

大阪の自然災害
(画像は大阪市のホームページより)

記者の浅はかな感覚では、大阪湾の前には淡路島もあるし、沿岸地域は広大な埋立地が広がっているし、そんなに波は来ないんじゃないかという気もするんですが、自然災害は人智の及ばないところですものね。

埋立地は液状化するし、工業地帯は石油コンビナートや化学工場など危なそうなものがいっぱいです。地震が来たら山の方に避難するのがいいと思います。

水の町の大阪市は、そもそも海抜ゼロメートル地帯も多いです。満潮時の海面より地面のほうが低いのですね。

安治川、尻無川、木津川の防潮水門が高潮から町を守っており、水が入ってきた時のために毛馬排水機場があって洪水に備えられていますが、これで完璧というものがないのが防災ですね。

記者の地元にある市民病院も最近、津波注意ライン(標高6.8m)の外側に引っ越してしまいました。(その跡地に別の民間病院が入っているのですが…)

海に近い高い建物には、避難のためのシールが貼ってありますので、そちらを普段から意識しておくのがいいと思います。

大阪の自然災害

>>絶対水害に合わないパワースポット

◆ 堺のT 記



スポンサードリンク



  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

  1. 守口の中華居酒屋 笑び食堂

    2019-2-9

    守口の中華居酒屋 笑び食堂

    笑び食堂 笑び食堂という名前が良いですね。いかにも楽しく食事ができそうな店名に加えて、…
  2. 三線

    2019-1-29

    大阪近郊で三線の生演奏が聞けるお店

    ザ・ブームの島唄や沖縄の石垣島出身のビギンなど、沖縄の三線を使った音楽はすっかり市民権を得た…
  3. 堺東 瓦亭の焼肉

    2018-6-17

    堺東 瓦亭の焼肉ランチの満足度高し

    瓦亭チェック! 堺東の商店街の少し外れ、瓦亭です。 リーズナブルに美味しい焼…
  4. くら乃 ホルモン五種盛り

    2018-6-14

    関目高殿 肉匠くら乃の和牛焼き肉

    肉匠くら乃の店舗情報 幾つもの飲食店を経営するドリームリアリティグループがマネージメン…
  5. ワールド牧場

    2018-4-1

    ワールド牧場大阪でレンタルペットと宿泊

    記者の娘は3歳の頃から、犬を買いたいと願っておりまして、それは七五三の折に神社の絵馬に「いぬ…
ページ上部へ戻る