ASUSから発売されたUltrabook「Zenbook」を購入してみました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

11月3日に発売されたASUSのUltrabook、「Zenbook」を早速、当日にヨドバシカメラで購入してきました。

購入前に店頭で、実機を実際に触って確認しましたが、これはもう素晴らしいの一言に尽きます。

Macbookairのような形状のものをUltrabookと称し、今後必ずといっていいほど出まわってくると思います。というよりも各社既にその兆候が見受けられますね。

今回のASUSを筆頭に、Acerも発売日が決まりましたし、国内メーカーもTOSHIBAが既に製品を発表しています。

今後が益々楽しみになってきましたね!

さてこのZenbookですが、本体だけではなく、付属品も非常に充実しています。

ACアダプタはもちろん、本体の形状上、LANケーブルの口がありませんので、通常では有線LANケーブルが使えないのですが、付属品にUSBと有線LANケーブルをつなぐUSBイーサネットアダプターとプロジェクタやモニターに出力するためのVGAアダプターも含まれています。

さらに太っ腹なところは、それらのアクセサリーを収納するミニケースと本体を収納するPCケースまでが付属しているということです。

ケースもおしゃれな色合いでZenbookにしっくりくる感じです。

外観だけではなく性能もピカ一。

CPUには、Intelの超高性能なi7-2677Mプロセッサーを搭載し、メモリは4GB(増設不可)。

そして何と言っても個人的に嬉しかったのは、解像度です。画面サイズ13.3インチのモデルはなんと解像度が1600*900ドットということだから驚きです。(macbookairは1440*900ドット)

バッテリーの持ちも約8.1時間(UX31シリーズ)で、ちょっとの外出でも全くストレスフリーです。

これでお値段が、10万ちょっとなのだからこれはもう買うしかないですね。

 

以前に購入したASUSのノートパソコンとの箱比較。左が以前のタイプで右側がZenbookの箱です。

形状からも分かる通り、本体がどれだけ薄いかがわかりますね。

もしノートパソコンの購入に迷われているということであれば、Zenbookは非常にオススメできるノートパソコンだと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

  1. タグボート大正(TUGBOAT TAISHO)

    2020-2-25

    タグボート大正(TUGBOAT TAISHO)を100%楽しむための食べ歩きレポート

    タグボートと言うのは、船舶や水上構造物を引っ張る曳舟のことで、周りを運河に囲まれた、大正区あ…
  2. ヘルプマーク

    2020-2-21

    ヘルプマークを持つ方への配慮 対象者や大阪での配布場所の紹介

    何時頃からか、ディープ大阪のスタッフの一人がヘルプマークを鞄に付けて歩くのを見るようになりま…
  3. カヌレ堂 CANELE du JAPON

    2020-2-15

    大阪のカヌレといえばカヌレ堂 CANELE du JAPON【絶対外さないプチギフト】

    「今までもらったお菓子の中で一番素敵で嬉しかった。」 以前、お世話になっている人からそ…
  4. 阪神イカ焼き

    2020-2-13

    阪神百貨店 スナックパークの大阪名物 イカ焼き

    イカ焼きもメジャーになって、もはやディープでも無いかもしれませんが、大阪名物の一つ「阪神百貨…
  5. 守口の中華居酒屋 笑び食堂

    2019-2-9

    守口の中華居酒屋 笑び食堂

    笑び食堂 笑び食堂という名前が良いですね。いかにも楽しく食事ができそうな店名に加えて、…
ページ上部へ戻る