ASUSから発売されたUltrabook「Zenbook」を購入してみました

  • follow us in feedly

11月3日に発売されたASUSのUltrabook、「Zenbook」を早速、当日にヨドバシカメラで購入してきました。

購入前に店頭で、実機を実際に触って確認しましたが、これはもう素晴らしいの一言に尽きます。

Macbookairのような形状のものをUltrabookと称し、今後必ずといっていいほど出まわってくると思います。というよりも各社既にその兆候が見受けられますね。

今回のASUSを筆頭に、Acerも発売日が決まりましたし、国内メーカーもTOSHIBAが既に製品を発表しています。

今後が益々楽しみになってきましたね!

さてこのZenbookですが、本体だけではなく、付属品も非常に充実しています。

ACアダプタはもちろん、本体の形状上、LANケーブルの口がありませんので、通常では有線LANケーブルが使えないのですが、付属品にUSBと有線LANケーブルをつなぐUSBイーサネットアダプターとプロジェクタやモニターに出力するためのVGAアダプターも含まれています。

さらに太っ腹なところは、それらのアクセサリーを収納するミニケースと本体を収納するPCケースまでが付属しているということです。

ケースもおしゃれな色合いでZenbookにしっくりくる感じです。

外観だけではなく性能もピカ一。

CPUには、Intelの超高性能なi7-2677Mプロセッサーを搭載し、メモリは4GB(増設不可)。

そして何と言っても個人的に嬉しかったのは、解像度です。画面サイズ13.3インチのモデルはなんと解像度が1600*900ドットということだから驚きです。(macbookairは1440*900ドット)

バッテリーの持ちも約8.1時間(UX31シリーズ)で、ちょっとの外出でも全くストレスフリーです。

これでお値段が、10万ちょっとなのだからこれはもう買うしかないですね。

 

以前に購入したASUSのノートパソコンとの箱比較。左が以前のタイプで右側がZenbookの箱です。

形状からも分かる通り、本体がどれだけ薄いかがわかりますね。

もしノートパソコンの購入に迷われているということであれば、Zenbookは非常にオススメできるノートパソコンだと思います。



スポンサードリンク



  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

  1. ワールド牧場

    2018-4-1

    ワールド牧場大阪でレンタルペットと宿泊

    記者の娘は3歳の頃から、犬を買いたいと願っておりまして、それは七五三の折に神社の絵馬に「いぬ…
  2. 小松家 ざるそば

    2018-3-30

    石山寺の小松家の蕎麦とシジミ飯

    小松家情報 瀬田川を一望する席はのんびり出来て特に天気の良い日にはゆっくりと寛ぎながら…
  3. 千利休の茶器

    2018-1-24

    映画 嘘八百ロケ地ガイド

    中井貴一演じるイカサマ骨董屋と、佐々木蔵之介演じる贋物陶芸家がタッグを組んで、千利休の幻の茶器をネタ…
  4. 2017-12-15

    たこ昌竹粋亭浜寺店の料理は本当にタコづくしでした

    たこ焼き割烹として有名な「たこ昌」は、長年気になりつつ、行ったことがなかったのです。 …
  5. 天満 ふくみ屋でもつ鍋

    2017-10-1

    天満のふくみ屋でリーズナブルで美味しいもつ鍋

    福福福と福を三つ書いて「ふくみ屋」 とも呼ばせるようです。 ご存知、天満から天神橋筋…
ページ上部へ戻る