• follow us in feedly

明石海峡大橋
初夏の日差しが心地よい淡路島ドライブの紹介です。淡路島は瀬戸内海に浮かぶ、南北に約40キロ、東西に約20キロ、日本では7番目の大きさの島になります。京阪神からは日帰りドライブなどのレジャーにぴったりなおススメの島なのです。

淡路島へのマイカーでのアクセスは明石海峡大橋しか無くなってしまいました。以前はフェリーが幾つかあって、明石から出ている『たこフェリー』の短い船旅が面白かったんですが、今は昔。

このため、淡路島内にある125CC以下のバイクは島から出れなくなってしまったと言う話。フェリー航路の復活の話も耳にしますが、これだけ高速道路であっと言う間にアクセス出来る様になると、時間のかかる船旅は逆に贅沢で採算とるのは難しいなと思ってしまいます。

話を元に戻し、今回紹介するのは明石海峡大橋が起点の淡路島周遊ドライブです。一日あればのんびりと周回出来ます。高速を使えば淡路島は一時間かからず通過してしまう広さですから。

大きく分けると、淡路島は東側と西側のエリアに分けられ、東側エリアは淡路の街をドライブ、西側エリアは自然がたくさん残る海岸線のドライブが楽しめます。お勧めするのは、明石大橋を起点に淡路島を時計回りにぐるっと回るコース。お昼ご飯に『淡路島の美味しい』を目指すには、まずは街側を走るのが良いのです。

淡路島 日の出
早朝に東エリアを走ると、こんな感じの日の出も拝む事が出来ます。

鳴門大橋
淡路バーガー
淡路南端 風車
最近話題の淡路島グルメ。淡路牛と淡路島の玉ねぎをたっぷり使った「淡路バーガー」や酪農の島でもある淡路島のソフトクリームなど美味しいも沢山の淡路島。存分に寄り道しながらドライブを楽しみます。

日が傾く頃にあわせて西海岸へと車を走らせる事。東側の何処に居ても、ショートカットで西海岸へはアクセス出来ます。西海岸は「淡路サンセットロード」と名付けられ、瀬戸内海に沈む夕陽を眺めながらのドライブ、文句なしにおすすめコースなのです。

淡路 サンセットライン
淡路 サンセットライン
明石 ハイウェイオアシス
明石海峡大橋

西海岸の夕陽を眺めながら明石海峡に戻ってくると、ライトアップされた明石海峡大橋と夜景、ハイウェイオアシスの大観覧車のライトアップが迎えてくれます。

これからの季節は海水浴も楽しめますし、日帰りドライブだけではなく、気軽に一泊二日の休みを楽しむにも淡路島はお勧めです。

◆ グルメライターH 記



スポンサードリンク



  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

  1. ワールド牧場

    2018-4-1

    ワールド牧場大阪でレンタルペットと宿泊

    記者の娘は3歳の頃から、犬を買いたいと願っておりまして、それは七五三の折に神社の絵馬に「いぬ…
  2. 小松家 ざるそば

    2018-3-30

    石山寺の小松家の蕎麦とシジミ飯

    小松家情報 瀬田川を一望する席はのんびり出来て特に天気の良い日にはゆっくりと寛ぎながら…
  3. 千利休の茶器

    2018-1-24

    映画 嘘八百ロケ地ガイド

    中井貴一演じるイカサマ骨董屋と、佐々木蔵之介演じる贋物陶芸家がタッグを組んで、千利休の幻の茶器をネタ…
  4. 2017-12-15

    たこ昌竹粋亭浜寺店の料理は本当にタコづくしでした

    たこ焼き割烹として有名な「たこ昌」は、長年気になりつつ、行ったことがなかったのです。 …
  5. 天満 ふくみ屋でもつ鍋

    2017-10-1

    天満のふくみ屋でリーズナブルで美味しいもつ鍋

    福福福と福を三つ書いて「ふくみ屋」 とも呼ばせるようです。 ご存知、天満から天神橋筋…
ページ上部へ戻る