大起水産の本店へ行ってきました

  • follow us in feedly

記者にとってお寿司屋さんといえば回転寿司のことであり、職人さんとお喋りながらお任せの一貫500円とかのお寿司をいただくというお店にはなかなか行く機会がありません。

子供ができてからは回転寿司にはよく行っております。記者がよく行くのは、スシローと、くら寿司とかっぱ寿司です。自宅の近所にあって一貫100円。代用魚だろうが安いのはありがたいですね。

子供は、くら寿司のビッくらポンが好きです。NHKの朝ドラでも「びっくりぽんや!」って言ってますね。(関係ない??)

ビッくらポンというのは、くら寿司独特のシステムです。食べたお皿をテーブルの端っこの穴に入れていくと5枚ごとに抽選があって、当たると上からカプセルが落ちてきて、中にキティちゃんが入ってたりするので子供が喜ぶんです。

必然的にお勘定してもらうときにはお皿の数は5の倍数になります。

くら寿司

おじいちゃんおばあちゃんにたかるときは長寿郎に行きます。こちらは、ちょっと高級でお座敷などもあります。店の中に魚が泳いでおります。お年寄りには、回転寿司はせわしないかもしれませんので、お座敷が落ち着きますね。

大起水産本店

先日は、大起水産回転寿司にいきました。大阪を中心とする近畿圏でチェーン店を展開していますが、記者が入ったのは堺市の中央環状線沿いにある本店です。(大阪府堺市北区中村町607-1 堺中央綜合卸売市場内)

もともとは魚の卸問屋だったようで、鮮度を売りにしているお寿司屋さんです。以前も来たことがあるのですが、ものすごい行列で、席の予約マシンのところまで辿りつけず、諦めたことがあります。

今回は、なんとたったの15分の待ち時間でテーブル席に座ることができました。ちょっと遅目の時間だったからかも。(20時)

大起水産本店

こちらも一貫100円からですが、ネタによっては500円くらいするものもあります。ハンバーグずしといったような奇抜な寿司はないです。オーソドックスなメニューですね。

欲しいものを注文するとカウンター越しに職人さんが手渡ししてくれますので、回転寿司と言っても、普通のお寿司屋さんに近いかもしれません。

大起水産本店

ビッくらポンはありませんが、お子様セットがあるのは回転寿司ならではでしょうか。デザートもありますが、コーヒーはありません。

邪道かもしれませんが、記者は食後にコーヒーを飲みたくなるのです。そんな人も多かろうと思うのですが、おいていないのは、コーヒーの香りが寿司を味わう妨げになるという配慮かもしれませんね。

コーヒーが飲みたい人は、食後に喫茶店にいくのがよいでしょう。

海鮮レストランも併設されております。

大起水産本店

◆ 堺のT 記



スポンサードリンク



  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

  1. ワールド牧場

    2018-4-1

    ワールド牧場大阪でレンタルペットと宿泊

    記者の娘は3歳の頃から、犬を買いたいと願っておりまして、それは七五三の折に神社の絵馬に「いぬ…
  2. 小松家 ざるそば

    2018-3-30

    石山寺の小松家の蕎麦とシジミ飯

    小松家情報 瀬田川を一望する席はのんびり出来て特に天気の良い日にはゆっくりと寛ぎながら…
  3. 千利休の茶器

    2018-1-24

    映画 嘘八百ロケ地ガイド

    中井貴一演じるイカサマ骨董屋と、佐々木蔵之介演じる贋物陶芸家がタッグを組んで、千利休の幻の茶器をネタ…
  4. 2017-12-15

    たこ昌竹粋亭浜寺店の料理は本当にタコづくしでした

    たこ焼き割烹として有名な「たこ昌」は、長年気になりつつ、行ったことがなかったのです。 …
  5. 天満 ふくみ屋でもつ鍋

    2017-10-1

    天満のふくみ屋でリーズナブルで美味しいもつ鍋

    福福福と福を三つ書いて「ふくみ屋」 とも呼ばせるようです。 ご存知、天満から天神橋筋…
ページ上部へ戻る