梅田の名前の由来

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

梅田の名前の由来

梅田とは

大阪の中心地といえば梅田です。JR大阪駅があるあたりです。

梅田という町名がついている部分は、JR大阪駅とその南側一帯だけなのですが、ふつう、梅田といえば、もっと広いエリアのことを指します。

駅名でいえば、阪急梅田駅、阪神梅田駅、地下鉄梅田駅・東梅田駅・西梅田駅。北新地駅があるあたりです。北新地といえば、高級飲み屋街です。

梅田は、西日本市の繁華街であります。リッツカールトンやヒルトンホテルといった高級ホテルもたくさんあります。

そして、梅田界隈はキタと呼ばれておりまして、そこから御堂筋をずーっと南下して、難波界隈はミナミと呼ばれます。

大阪北区はあっても、大阪南区というのはないのですが、通称ですね。

私のイメージではキタはわりとビジネスなオトナの街。

ミナミはヤングな町という印象です。お笑いの街もミナミ。

キタは百貨店とか、高級なお店が多く、ミナミはフレンドリー価格のお店が多いというイメージです。

実際には、キタにも庶民的なヨドバシカメラや、安くてうまい阪急食堂街もありますし、ミナミにも高島屋はあるし、ホテルもあるし、ルイヴィトンとかロレックスといったブランドのお店も多いですから、そんなに差はないとは思うんですけど、記者の偏見なのかそんなイメージは有りますね。

ちなみに、トイチの金貸し「難波金融伝・ミナミの帝王」が活躍しているのは、まさに難波あたりのミナミです。

 

梅田の由来

現代では超高層ビルが密集している梅田界隈ですが、江戸の昔は低湿地帯で、埋め立てて田畑にしていた場所だったのだとか。

それで「埋田」。

もともとは寂しい土地だったのが、駅ができてだんだんと発展していったのですね。

お寺の多い古くから連綿と続く町並みではなく、国鉄と私鉄の対立や、戦後のドサクサなど、常に開発の続けられているエリアです。

現在も、駅の北側、グランフロントから北の方を見ると、JRの跡地に広大な空き地が広がっています。

こちらも今後、いろんな建物が立って、さらに発展していくのでしょう。

梅田の名前の由来

 

◆ 堺のT 記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

  1. タグボート大正(TUGBOAT TAISHO)

    2020-2-25

    タグボート大正(TUGBOAT TAISHO)を100%楽しむための食べ歩きレポート

    タグボートと言うのは、船舶や水上構造物を引っ張る曳舟のことで、周りを運河に囲まれた、大正区あ…
  2. ヘルプマーク

    2020-2-21

    ヘルプマークを持つ方への配慮 対象者や大阪での配布場所の紹介

    何時頃からか、ディープ大阪のスタッフの一人がヘルプマークを鞄に付けて歩くのを見るようになりま…
  3. カヌレ堂 CANELE du JAPON

    2020-2-15

    大阪のカヌレといえばカヌレ堂 CANELE du JAPON【絶対外さないプチギフト】

    「今までもらったお菓子の中で一番素敵で嬉しかった。」 以前、お世話になっている人からそ…
  4. 阪神イカ焼き

    2020-2-13

    阪神百貨店 スナックパークの大阪名物 イカ焼き

    イカ焼きもメジャーになって、もはやディープでも無いかもしれませんが、大阪名物の一つ「阪神百貨…
  5. 守口の中華居酒屋 笑び食堂

    2019-2-9

    守口の中華居酒屋 笑び食堂

    笑び食堂 笑び食堂という名前が良いですね。いかにも楽しく食事ができそうな店名に加えて、…
ページ上部へ戻る