• follow us in feedly

堺浜 海とふれあいの広場

堺の北の端っこの方、大阪市との境目あたりを海へ海へと走っていきますと、臨海工場地帯の埋立地に入っていきます。

その昔は、新日本製鐵の広大な製鉄所がありまして、敷地の真ん中を通る曲がりくねった一般道がありました。

ネット越しに、作りかけの超巨大な橋桁とかが、野っ原にボン、ボン、と置いてあるのが見えたりして、工場萌えにはたまらん、すごい景色でありました。

製鉄業がだんだん下火になり、新日鉄も事業を縮小、だだっ広い空き地は再開発されまして、平成18年に堺浜シーサイドモールができました。

スーパー銭湯や映画館、ショッピングモールなどができ、サッカー練習場や、アマゾンの配送センターもあります。
(ですので、堺市民はアマゾンで買い物したらその日のうちに配送されます。)

シャープ工場も期待を持って誘致されましたが、こちらは経営不振で台湾企業と合併とか話題になっておりますね。

海沿いの道路も綺麗に整備されており、行き交う船を見ながらぐるーっと、埋立地の周囲を走ることができます。

堺浜 海とふれあいの広場

たまに大型車が通りますが、交通量はほとんどないもんで、道路の傷みもなく、よく自転車のロードレースの練習をしている人がいます。

海に向かった端っこは、だだっ広い公園になっています。こちらが「海とふれあいの広場」です。

堺浜 海とふれあいの広場

新日鉄の時代は、ただの草ッ原みたいなものでしたが、今はドッグランエリアやBBQエリア、釣りエリアも作られて、家族で楽しめる公園になっております。(投釣りは禁止)

堺浜 海とふれあいの広場

堺浜 海とふれあいの広場

広場の真ん中には、かつての製鉄の道具(スクラップシュート)がオブジェとして置かれています。電線もないんで、凧あげができます。

堺浜 海とふれあいの広場

トイレや自動販売機はあります。

ただ、こんな端っこまで辿り着く人は少ないようで、日頃はガラーンとしており、なんだかプロモーションビデオの撮影?をしてたり、楽器の練習をしてたり、のんびりしたかんじです。

堺浜 海とふれあいの広場

大阪湾の人工干潟

高度成長期に作られた臨海工場地帯は、大阪湾をカクカクした、パズルみたいな地形にしてしまい、自然の砂浜は消滅してしまいました。現在は自然を取り戻すために、埋立地の端っこに人工の砂浜や干潟が作られています。(実験中)

堺浜 海とふれあいの広場

野鳥や、カニや鮎などの生き物が、ずいぶん戻ってきているとのことです。

海とふれあいの広場の端っこまで歩いて行くと、半円形の干潟を見ることができます。

堺浜 海とふれあいの広場

堺浜 海とふれあいの広場

干潟では波の音がして、アジサシの飛び交う声も聞こえ、目を閉じると沖縄の無人島にでも来たような気分になれますが、目を開けると、干潟の向こうには、工場や橋、神戸の六甲アイランドなど、作られた地形が見えます。

堺浜 海とふれあいの広場

失われた自然を取り戻すって、大変なことだなあーと思える風景です。

海とふれあいの広場へのアクセス

車だと、阪神高速湾岸線三宝出口から約10分です。無料駐車場は500台駐められます。(ほとんどガラガラです。)

電車・バスの場合、南海高野線堺東駅、南海本線堺駅から南海バスが出ています。「堺浜シーサイドステージ」または「堺浜」または「匠町」下車。バス停からは、徒歩、2kmほどです。

◆ 堺のT 記



スポンサードリンク



  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

  1. 守口の中華居酒屋 笑び食堂

    2019-2-9

    守口の中華居酒屋 笑び食堂

    笑び食堂 笑び食堂という名前が良いですね。いかにも楽しく食事ができそうな店名に加えて、…
  2. 三線

    2019-1-29

    大阪近郊で三線の生演奏が聞けるお店

    ザ・ブームの島唄や沖縄の石垣島出身のビギンなど、沖縄の三線を使った音楽はすっかり市民権を得た…
  3. 堺東 瓦亭の焼肉

    2018-6-17

    堺東 瓦亭の焼肉ランチの満足度高し

    瓦亭チェック! 堺東の商店街の少し外れ、瓦亭です。 リーズナブルに美味しい焼…
  4. くら乃 ホルモン五種盛り

    2018-6-14

    関目高殿 肉匠くら乃の和牛焼き肉

    肉匠くら乃の店舗情報 幾つもの飲食店を経営するドリームリアリティグループがマネージメン…
  5. ワールド牧場

    2018-4-1

    ワールド牧場大阪でレンタルペットと宿泊

    記者の娘は3歳の頃から、犬を買いたいと願っておりまして、それは七五三の折に神社の絵馬に「いぬ…
ページ上部へ戻る