茶道の作法と道具

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

茶道の歴史

茶道の作法と道具

記者は大阪の堺に住んでおりまして、堺といえば千利休、茶の湯の発祥地です。

現在は茶道の本場といえば、表千家・裏千家のある京都のような感じがありますが、茶道が大成したのは、織田信長の時代の堺なのですね。

私も子供の頃から、大仙公園や百舌鳥のお祭などでお点前をいただくことはありましたが、苦いのがちょっとしかないもんで、薄くていいから冷たいのをもっとたくさん欲しい、というような感想を抱いておりました。

そういうわけで作法はさっぱりです。

学校では、茶の作法より先に、酒の作法を学びました。

ビールを次ぐときはラベルは上だとか下だとか、注ぐときは大声で自己紹介をするんだとか、注がれたらイッキ飲みだとか、呑んでも酔うなとか、今から思えばずいぶん偏った作法でした。(ちなみに大学の体育会系です。)

茶道の作法

お茶の作法を学んだのは、結婚してからです。

妻の母上が茶の先生でして、なんどかお茶会に参加することがあり、付け焼き刃でお作法を学んだのでした。

といっても、客の立場の作法は簡単です。

まずは通された畳の席に正座して座ります。お辞儀してから、お菓子を先にいただきます。懐紙という、お菓子を切る竹とか金属のナイフみたいなのを拭く為の紙は、自前のがいります。

茶を出されたらお辞儀して、「お先です。」とか「ご相伴いたします。」というふうに、隣の人にも挨拶して、茶碗(湯のみ)を両手で持って、くるくるとふた回ししてから押し頂きます。

飲み終わった後は、茶碗を両手に持って、ひっくり返したりして、しげしげと眺めます。

落っことさないように、肘を膝にくっつけて、屈みこんで見るのが作法です。

これ、高いんやろうなあ~とか思いながら眺めると真剣味が出ます。

茶碗を手前に置くと、取りに来てくれますので、お辞儀します。お辞儀は何回でもすると良いです。作法に迷ったら、隣の人と同じようにするのがコツです。

作法と考えるとややこしそうですが、千利休も「茶の湯とはただ湯をわかし茶を点てて飲むばかりなる事と知るべし」と言ったそうで、そんなに固く考えずに、お茶、おいしいなーという気分でおればよいのです。

茶道の道具

客の立場でしたら、懐紙の他には貸切りに扇子、帛紗、それらを入れる数寄屋袋などが本当は必要です。

服装もどうせなら着物のほうが本格的ですね。

お点前の道具としては、釜に茶碗、水指、薄器、茶入、建水、蓋置、水次、柄杓、茶杓、茶筅、茶巾など、いろいろあります。

茶道具屋で一式揃えられますが、良いものはとっても高いです。特に茶碗はいいものは100万円を超えます。

人間国宝が作ったような茶碗は、素人には出してくれません。

それらの道具の中で最も大切なモノはというと、じつは釜の灰だそうで、火事や水害の際は真っ先に灰をもって逃げるらしいです。

良い灰になるのには年月がかかるということで、串カツ屋や鰻屋のたれ、みたいなものでしょう。

(串カツ屋が、タレをもって逃げるという話は聞かないですが。)

◆ 堺のT 記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

  1. タグボート大正(TUGBOAT TAISHO)

    2020-2-25

    タグボート大正(TUGBOAT TAISHO)を100%楽しむための食べ歩きレポート

    タグボートと言うのは、船舶や水上構造物を引っ張る曳舟のことで、周りを運河に囲まれた、大正区あ…
  2. ヘルプマーク

    2020-2-21

    ヘルプマークを持つ方への配慮 対象者や大阪での配布場所の紹介

    何時頃からか、ディープ大阪のスタッフの一人がヘルプマークを鞄に付けて歩くのを見るようになりま…
  3. カヌレ堂 CANELE du JAPON

    2020-2-15

    大阪のカヌレといえばカヌレ堂 CANELE du JAPON【絶対外さないプチギフト】

    「今までもらったお菓子の中で一番素敵で嬉しかった。」 以前、お世話になっている人からそ…
  4. 阪神イカ焼き

    2020-2-13

    阪神百貨店 スナックパークの大阪名物 イカ焼き

    イカ焼きもメジャーになって、もはやディープでも無いかもしれませんが、大阪名物の一つ「阪神百貨…
  5. 守口の中華居酒屋 笑び食堂

    2019-2-9

    守口の中華居酒屋 笑び食堂

    笑び食堂 笑び食堂という名前が良いですね。いかにも楽しく食事ができそうな店名に加えて、…
ページ上部へ戻る