• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関目 三線カフェ 喜界島
「三線カフェ 喜界島」という魅力的な名前の店は、京阪の関目駅、西口をでて信号渡ってすぐです。店構えからして南国ムードたっぷり、店に入れば、店名通り、喜界島(奄美諸島)の三線の音が流れる、我々南の島が好きな者には堪らない店だったりします。

ところで喜界島という島はご存知でしょうか。奄美諸島のウチの一つの島、奄美大島の北東、奄美大島空港から飛行機で十分ちょいというお隣の島です。

そんな島なので、微妙な違いはあれこれあるものの、奄美大島本島と喜界島、徳之島の三つは食文化を始め、あれこれ良く似ていて兄弟島の様に有ります。京阪神からはフェリーでもアクセス出来ます。(もちろん奄美大島からも船で行けます)

初めてふらっと尋ねた時から縁があって、席についた時にかかっていた曲が、我々絶賛応援中の奄美大島の唄者、里朋樹・歩寿の曲でした。後で聞いたら、ここで唄ったこともあるよ、との事でした。>>> 里朋樹.com

関目 三線カフェ 喜界島
島らっきょうにもずく、そしてオリオンビールで乾杯。

オリオンビールって沖縄なんですけどね、それをいうと島らっきょうももずくも沖縄にもあります。奄美・沖縄の食文化はおんなじだという話です。

ニガウリ イッチャッシー
奄美諸島ではニガウリと呼びますが、沖縄ではお馴染みのゴーヤーです。

奄美 鶏飯
奄美ならではの食もありました。この鶏飯がそうです。ご飯の上に具材を乗せて、鶏のスープを乗せていただきます。酒前・酒中・酒後、何時食べても美味い逸品です。

奄美の郷土料理とよく紹介されますが、実はそれほど古いものではなく、同じ奄美大島内でも南部の方へ行くと鶏飯が知られるようになったのはこの20年以内じゃないか、ぐらいの食べ物なのも本当だったりします。

三線カフェ 喜界島
私らディープ大阪は開店と同時に飲み始めますが、良い気分になる頃には三つあるテーブル席は何時も満席。

このテーブル、三つ合わせると喜界島の形になるという素敵なテーブルです。

三線カフェ 喜界島
酔っ払って三線鳴らして楽しめるお店。沖縄じゃない南の島がここにはあります。ディープ大阪を見たと是非告げてください。島らっきょ一本と一曲サービスするようにと店長にお願いしておきます(・∀・)b

◆ 編集長G 記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

  1. 2017-12-15

    たこ昌竹粋亭浜寺店の料理は本当にタコづくしでした

    たこ焼き割烹として有名な「たこ昌」は、長年気になりつつ、行ったことがなかったのです。 …
  2. 天満 ふくみ屋でもつ鍋

    2017-10-1

    天満のふくみ屋でリーズナブルなもつ鍋

    福福福と福を三つ書いて「ふくみ屋」 とも呼ばせるようです。 ご存知、天満から天神…
  3. 鈴の宮 蜂田神社の風鈴祭り

    2017-8-22

    鈴の宮 蜂田神社の風鈴祭り

    さわやかに自転車で走っておりましたら、おや? どこからともなく風鈴の音が聞こえてきました。 …
  4. 馬肉専門焼肉店 けとばし屋チャンピオン

    2017-8-3

    馬肉専門焼肉店 けとばし屋チャンピオン

    ちょっと気の利いた居酒屋などですと、馬刺しのメニューがあったりしますが、馬肉ばっかりというお…
  5. 都島の石窯ピザ COVO(コーヴォ)

    2017-6-2

    都島の石窯ピザ COVO(コーヴォ)

    COVO(コーヴォ)情報 地下鉄の都島駅の直ぐ側にある、石窯で焼いたピザなどを食べるこ…
ページ上部へ戻る