方違神社のすぐとなり 江久庵の金箔カステラ「黄金の哲学」

  • follow us in feedly

江久庵の金箔カステラ「黄金の哲学」

江久庵

金箔入りのお酒は、お正月に飲んだりして、わりと馴染みがありますが、金箔カステラというのは珍しいのではないでしょうか。

堺市の方違神社の横に、「門前そば」という古くからの蕎麦屋さんがあり、その横に並んで「江久庵(こうきゅうあん)」というお菓子屋さんが並んでおります。

こちらのお店はまだ新しく、まだできて5年やそこらではなかったかな? と思います。お店の色合いが蕎麦屋と似ていますので、並んで老舗に見えるのですが、中に入るとピカピカのゴージャスです。

金箔カステラ「黄金の哲学」

江久庵の金箔カステラ「黄金の哲学」

何がピカピカでゴージャスかといえば、入ってすぐ真正面のショーケースに、金箔カステラが置いてあるのです。

堺といえば、記者が子供の頃に放映された、NHK大河ドラマ「黄金の日々」、ルソン助左衛門の物語が有名です。

それにちなんで黄金のカステラなのでしょう。商品名は「黄金の哲学」です。1本2,880円となかなかのお値段。

店の奥は、ちょっとしたお茶処になっておりまして、抹茶やコーヒーとともに、黄金カステラやあんみつ等もいただけます。

タイミングが良ければ、茶道のお点前をいただくこともできます。

江久庵の金箔カステラ「黄金の哲学」

江久庵の金箔カステラ「黄金の哲学」

千利休の茶室と庭

江久庵の金箔カステラ「黄金の哲学」

お茶処の奥は一面大きなガラスの仕切りになっていて、そのむこうに千利休の茶室と庭が再現されております。

さらに茶室の向こうは、反正天皇陵の濠と森がありまして、野鳥が鳴いております。

なんだか別世界のように落ち着いた上品な世界なのです。千利休の侘び寂びです。

江久庵の金箔カステラ「黄金の哲学」

江久庵のメニュー

お店には、オリジナルワインや日本酒も置いています。江久庵を経営する会社が、酒蔵(EH酒造)や、ワイン畑(サマーウッドワイナリー)も持っているのです。

株式会社EH(エクセルヒューマン)という会社でして、高額納税者が公表されていたころは、いつも会長と社長がランクインされていました。

お店を訪ねて来られた方の記念写真も飾ってありまして、堺市長だとか、桂文枝だとか、北島三郎だとか、そうそうたる面々が来ておられるようです。

方違い神社参拝の折には、門前そばで、ランチのあつもりなどを食べたのち、デザートにはぜひ、江久庵の金箔カステラを召し上がってください。

方違神社
>>> 堺 方違神社(ほうちがいじんじゃ)

門前そば

希望すれば庭の散策や茶室の見学もできます。

お店の方が丁寧にガイドしてくれますよ。

門前そば

門前そば

(通常、茶室のにじり口は屈まないと入れない大きさになっているものですが、こちらの茶室には、豊臣秀吉が立ったまま入れる入り口が付いています。)

ちなみにこのEHという会社は、とっても多角経営で成績好調なのか、堺市の中心地の堺東駅から北に伸びる府道30号線(通称13号線)沿いと、海に向かって伸びる大小路筋沿いの土地をどんどん買い占めていっています。

そのうちエクセル町という町名になるのではないかと、記者は睨んでおります。

江久庵へのアクセス

南海高野線の堺東駅から歩いて10分ほど、少し離れた方違神社の南側に、江久庵の専用駐車場があります。

◆ 堺のT 記



スポンサードリンク



  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

  1. 守口の中華居酒屋 笑び食堂

    2019-2-9

    守口の中華居酒屋 笑び食堂

    笑び食堂 笑び食堂という名前が良いですね。いかにも楽しく食事ができそうな店名に加えて、…
  2. 三線

    2019-1-29

    大阪近郊で三線の生演奏が聞けるお店

    ザ・ブームの島唄や沖縄の石垣島出身のビギンなど、沖縄の三線を使った音楽はすっかり市民権を得た…
  3. 堺東 瓦亭の焼肉

    2018-6-17

    堺東 瓦亭の焼肉ランチの満足度高し

    瓦亭チェック! 堺東の商店街の少し外れ、瓦亭です。 リーズナブルに美味しい焼…
  4. くら乃 ホルモン五種盛り

    2018-6-14

    関目高殿 肉匠くら乃の和牛焼き肉

    肉匠くら乃の店舗情報 幾つもの飲食店を経営するドリームリアリティグループがマネージメン…
  5. ワールド牧場

    2018-4-1

    ワールド牧場大阪でレンタルペットと宿泊

    記者の娘は3歳の頃から、犬を買いたいと願っておりまして、それは七五三の折に神社の絵馬に「いぬ…
ページ上部へ戻る