みさき公園の料金は?遊園地の楽しみ方レビュー

  • follow us in feedly

みさき公園

大阪の端っこ、和歌山の手前にある岬町に古くからある遊園地がみさき公園です。

記者は、小学生の頃に遠足で来たような気がするのですが、すっかり忘却の彼方です。このたび4歳の子を連れて行きましたら、まったく新鮮で楽しめました。

みさき公園は海に面した広い敷地になっており、動物園と遊園地と水族館が合体したようなかんじです。プールもあります。イルカショーや、アンパンマンや妖怪ウォッチのキャラクターショーもやっております。わくわく電車ランドでは、鉄道ファンも楽しめるでしょう。

みさき公園 遊園地

みさき公園

遊園地は1957年の開園です。ジェットコースターは日本で二番目に古いそうです(一番は浅草花やしき)。絶叫マシンというほどのものはありませんので、小さい子供も安心して遊べます。メリーゴーラウンドや汽車があります。

みさき公園

みさき公園

かつて1980年代には絶叫マシンもあったらしいのですが、今は子供向けということに徹底しているとのことで、それでうまくいっているようですね。

記者が訪れた時もヤングなグループやカップルはあんまりいなくて、家族連れが多かったです。ヤングはUSJに行くのでしょう。

みさき公園

観覧車からは海がよく見えます。大阪湾です。この辺りの夕陽は、日本の美しい夕日100選の一つです。ただし公園の営業時間が日暮れまでやっておりませんので、ちょっと残念。(9:30~17:00)

みさき公園の料金

入園料は大人1,350円、3歳からは700円です。

案外安いように思ったものの、乗り物に乗るたびにお金がかかりますので、子供の要望に従ってあれもこれも遊んでいると、結構な金額になりますね。

遊園地に来てまで、お金がないからダメ、というのも可哀想なので、ずいぶん散財しました。

みさき公園の動物園

みさき公園

遊園地はのんびりした感じですが、動物園ものんびりしております。トラやライオンもいる本格派でありながら、動物に触れ合える場面が多いです。ロバにもの乗れます。

みさき公園

みさき公園

最近はキリンの赤ちゃんが生まれたということで話題になりました。

みさき公園

ゾウはお亡くなりになったそうなのですが、ゾウ舎跡が親子のくつろぎの場になっています。

みさき公園

みさき公園のイルカショー

シャイニースタジアムでのイルカショーは面白いのでぜひおすすめです。イルカたちがバッチリあった動きで、井村雅代コーチがトレーニングしたのかと思えるほどのシンクロを見せていただきました。

一番前の席は水を被りますのでカッパやビニール袋を持っていくのがおすすめです。ショーの後は、イルカのエサやりや記念撮影もできます。(別料金)

みさき公園

アクセスと駐車場

南海電車のみさき公園駅からすぐです。みさき公園自体も南海電車が運営しています。南海電車の定期券を見せると割引があります。

クルマなら、阪神高速湾岸線泉佐野南I.C、阪和自動車道泉南I.Cが最寄りの高速道路の出口です。広い駐車場があります。駐車場は一日1200円です。

けっこう道が混むことが多く、ゴールデンウィークや夏休みの土日などは大渋滞して、なかなか公園まで辿りつけません。みさき公園では、駅の近所の駐車場に車を止めて電車で来るパーク&ライドを推奨しています。

◆ 堺のT 記



スポンサードリンク



  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

  1. ワールド牧場

    2018-4-1

    ワールド牧場大阪でレンタルペットと宿泊

    記者の娘は3歳の頃から、犬を買いたいと願っておりまして、それは七五三の折に神社の絵馬に「いぬ…
  2. 小松家 ざるそば

    2018-3-30

    石山寺の小松家の蕎麦とシジミ飯

    小松家情報 瀬田川を一望する席はのんびり出来て特に天気の良い日にはゆっくりと寛ぎながら…
  3. 千利休の茶器

    2018-1-24

    映画 嘘八百ロケ地ガイド

    中井貴一演じるイカサマ骨董屋と、佐々木蔵之介演じる贋物陶芸家がタッグを組んで、千利休の幻の茶器をネタ…
  4. 2017-12-15

    たこ昌竹粋亭浜寺店の料理は本当にタコづくしでした

    たこ焼き割烹として有名な「たこ昌」は、長年気になりつつ、行ったことがなかったのです。 …
  5. 天満 ふくみ屋でもつ鍋

    2017-10-1

    天満のふくみ屋でリーズナブルで美味しいもつ鍋

    福福福と福を三つ書いて「ふくみ屋」 とも呼ばせるようです。 ご存知、天満から天神橋筋…
ページ上部へ戻る