• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

クリスタ長堀八景
何度かピックアップしているクリスタ長堀シリーズ。

今回は、クリスタ長堀八景というものを紹介します。クリスタ長堀を毎日通っているという方もいらっしゃると思いますが、八景を知らない方も多いのではないでしょうか?

その八景っていうのは八景島シーパラダイスではありません。(笑)

クリスタ長堀にある各広場とその広場にあるアートなものを指しているんです。そしてこの地下街にはテーマが設けられていてそれに沿って八景が置かれています。

クリスタ長堀八景
これなんかは、魚と滝(水の流れ)がわかるアートに見えますね。このクリスタ長堀の大きなテーマは「水と時」です。これをテーマに広場と作品で安らぎを演出しているそうな。

クリスタ長堀八景
クリスタ長堀八景
スターバックスコーヒーがある月見の広場には「森の中のPUGたち」といった何やらアートな妖精!?的なものが置かれていたり、期間限定ではありましたが大阪城の大名石などが置かれていた時期もあります。

クリスタ長堀八景
占い広場には、広場中央を見上げると「江戸時代の天神祭」という題のパネルアートが掲げられています。こういうのって、まじまじと観る事もないでしょうけれど、よく見るとこれはかなりアートの要素が強いものなのかもしれないと感じたりします。

クリスタ長堀八景
クリスタ長堀八景
占い広場にあるトイレの壁には浪花の風景画が飾られていて、水都大阪の面影を後世に伝える「水と時」というテーマに一番マッチングしているんではないでしょうか。

このクリスタ長堀を3往復してみて解ったのは、時代と共に初期設定のアートは徐々に削られ運営重視なカタチになりつつあるな。なんて思いました。

この記事を機に、ひっそりと残っているアートを意識してもらえることを期待しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

  1. タグボート大正(TUGBOAT TAISHO)

    2020-2-25

    タグボート大正(TUGBOAT TAISHO)を100%楽しむための食べ歩きレポート

    タグボートと言うのは、船舶や水上構造物を引っ張る曳舟のことで、周りを運河に囲まれた、大正区あ…
  2. ヘルプマーク

    2020-2-21

    ヘルプマークを持つ方への配慮 対象者や大阪での配布場所の紹介

    何時頃からか、ディープ大阪のスタッフの一人がヘルプマークを鞄に付けて歩くのを見るようになりま…
  3. カヌレ堂 CANELE du JAPON

    2020-2-15

    大阪のカヌレといえばカヌレ堂 CANELE du JAPON【絶対外さないプチギフト】

    「今までもらったお菓子の中で一番素敵で嬉しかった。」 以前、お世話になっている人からそ…
  4. 阪神イカ焼き

    2020-2-13

    阪神百貨店 スナックパークの大阪名物 イカ焼き

    イカ焼きもメジャーになって、もはやディープでも無いかもしれませんが、大阪名物の一つ「阪神百貨…
  5. 守口の中華居酒屋 笑び食堂

    2019-2-9

    守口の中華居酒屋 笑び食堂

    笑び食堂 笑び食堂という名前が良いですね。いかにも楽しく食事ができそうな店名に加えて、…
ページ上部へ戻る