フジフイルムのミラーレスカメラ X-Pro1

  • follow us in feedly

フジフイルムのミラーレスカメラ X-Pro1

ミラーレスカメラ中古を安く買いました

ディープ大阪の記者としましては、いつでもどこでもさっと写真の撮れるスマホやコンパクトデジカメのほうが便利ではあるのですが、いろいろ撮っているうちに欲望が湧いてまいりまして、とうとう念願のミラーレスカメラを買ってしまいました。

でかくて、カメラマン!というかんじがします。

レンズは、手持ちのコンパクトデジカメでは撮れない超広角をチョイス。(フジノンXF14mm)

お寺や町中のビルディングなど、けっこう近い距離からでも、まるごとファインダー内に収まります。

コンパクトデジカメのズームを一番広角側にしても、入り切らないものって結構ありましたので、広角レンズは活躍してくれると思います。

 

ミラーレスカメラと一眼レフの違い

フジフイルムのミラーレスもいろいろ種類があるのですが、次々出てくる新機種におされて古株になってきたX-Pro1という機種を選んだのは、光学ファインダーがついているからです。

一眼レフカメラも光学ファインダーはついておりますが、レンズ越しの風景をファインダーで見るのが一眼レフですね。

ミラーレスカメラというのは基本的にレンズからの景色をデジタル画像に変換して、ファインダーもしくは背面モニターで見るのですが、このフジフイルムのXPro1は、昔のレンジファインダーカメラ風に、レンズの横に覗き穴が開いておるのです。

つまり、ファインダーからは、レンズ越しではない、液晶画面でもない、ガラス素通しの風景が見えております。(液晶に切り替えもできます。)

デジカメで撮影するのには背面の液晶モニターがついていれば十分だし、ファインダーにしても電子ビューのほうが構図を決めるのもピントをあわせるのも便利なのですが、記者は、昔ながらのガラス越しの景色が好きですね。

これはもう利便性より趣味の世界です。

 

スポーツカメラマンや戦場カメラマンが使うようなカメラでは決してありませんが、カメラは趣味のものでもありますから、これでいいやーと割りきっております。

ズームレンズに慣れていると、単焦点レンズはけっこう不便を感じることもありますし、レストランでお料理を取るにはゴツすぎて白い目で見られそうなので、そういうときはコンパクトデジカメやアイフォンを使っております。

というわけで、いつもカメラ2台持ち、そのうち標準レンズや望遠レンズなんかも持ち歩くような予感がして、われながら馬鹿じゃなかろか、なんて思ったりもするんですが、それが趣味人というものでしょう。

◆ 堺のT 記



スポンサードリンク



  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

  1. ワールド牧場

    2018-4-1

    ワールド牧場大阪でレンタルペットと宿泊

    記者の娘は3歳の頃から、犬を買いたいと願っておりまして、それは七五三の折に神社の絵馬に「いぬ…
  2. 小松家 ざるそば

    2018-3-30

    石山寺の小松家の蕎麦とシジミ飯

    小松家情報 瀬田川を一望する席はのんびり出来て特に天気の良い日にはゆっくりと寛ぎながら…
  3. 千利休の茶器

    2018-1-24

    映画 嘘八百ロケ地ガイド

    中井貴一演じるイカサマ骨董屋と、佐々木蔵之介演じる贋物陶芸家がタッグを組んで、千利休の幻の茶器をネタ…
  4. 2017-12-15

    たこ昌竹粋亭浜寺店の料理は本当にタコづくしでした

    たこ焼き割烹として有名な「たこ昌」は、長年気になりつつ、行ったことがなかったのです。 …
  5. 天満 ふくみ屋でもつ鍋

    2017-10-1

    天満のふくみ屋でリーズナブルで美味しいもつ鍋

    福福福と福を三つ書いて「ふくみ屋」 とも呼ばせるようです。 ご存知、天満から天神橋筋…
ページ上部へ戻る