門松はいつまで飾る?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

門松はいつまで飾る?

お正月用に買ってきた門松を玄関先に飾っておりますが、さて、いつしまうのでしょう?

まだまだお花が元気なもので、カラカラに干からびて枯れて散るまで飾っておきたい気はします。高かったし。

しかし、門松は、いつまでも飾っていていいものではなくて、出す時期しまう時期があります。

 

そもそも門松ってなんでしょうか?

「門松は冥土の旅の一里塚、めでたくもありめでたくもなし」と詠んだのは、一休和尚です。

一つ年をとるというのは、人生の終わりに近づくんだ、めでたいようなめでたくもないような、となんだか斜に構えた見方ですけど、本来は門松はお正月にやってくる神様、歳神様を迎えるための目印なのだそうです。

歳神様はなんでやってくるのかというと、新たな年の家族の健康や五穀豊穣をもたらしてくれるためなので、やっぱりめでたいのです。

神様はお正月にやってくるので、門松の準備は、そのちょっと前、あまりに直前の大晦日や晦日(三十日)でバタバタするのは神様に失礼ということで、28日に。29日は9が苦に通じるので、避けられます。

ちなみに、お正月の準備には9が付く日を避けるのがお餅つきなど沢山あります。


そして、いつまで飾るのか?という話です。

1月7日の松の内までというのが一般的のようです。地域によっては、とんど焼きのある1月15日の小正月までを松の内としており、二十日正月までというところもあります。

大阪はとんど焼きがありますので、小正月までというのが多いようですね。門松の処分はとんど焼きで焚き上げてもらうのがよいでしょう。

とんど焼きに出せなかった場合は、ゴミとして処分することになりますが、塩で清めて紙に包んで処分するのが良いようです。

◆ 堺のT 記





スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

  1. 2017-12-15

    たこ昌竹粋亭浜寺店の料理は本当にタコづくしでした

    たこ焼き割烹として有名な「たこ昌」は、長年気になりつつ、行ったことがなかったのです。 …
  2. 天満 ふくみ屋でもつ鍋

    2017-10-1

    天満のふくみ屋でリーズナブルなもつ鍋

    福福福と福を三つ書いて「ふくみ屋」 とも呼ばせるようです。 ご存知、天満から天神…
  3. 鈴の宮 蜂田神社の風鈴祭り

    2017-8-22

    鈴の宮 蜂田神社の風鈴祭り

    さわやかに自転車で走っておりましたら、おや? どこからともなく風鈴の音が聞こえてきました。 …
  4. 馬肉専門焼肉店 けとばし屋チャンピオン

    2017-8-3

    馬肉専門焼肉店 けとばし屋チャンピオン

    ちょっと気の利いた居酒屋などですと、馬刺しのメニューがあったりしますが、馬肉ばっかりというお…
  5. 都島の石窯ピザ COVO(コーヴォ)

    2017-6-2

    都島の石窯ピザ COVO(コーヴォ)

    COVO(コーヴォ)情報 地下鉄の都島駅の直ぐ側にある、石窯で焼いたピザなどを食べるこ…
ページ上部へ戻る