葛城踊り【岸和田塔原町の無形民俗文化財】

  • follow us in feedly

岸和田塔原町の無形民俗文化財【葛城踊り】

岸和田の祭りといえば勇猛果敢なだんじり祭りがイメージされるでしょうが、静かに厳かに行われるお祭りもあります。

岸和田をずーっと葛城山の方に登っていった人口160人ちょい、戸数36戸という小さな「塔原町」に伝わる「葛城踊り」という雨乞いのお祭りです。

カナカナカナカナ・・・とヒグラシの鳴き声が響き渡る、ほんとうに田舎の山だなあという土地柄です。

岸和田塔原町の無形民俗文化財【葛城踊り】

岸和田は、江戸の昔から農業が盛んではありましたが、降雨量には恵まれず、溜池をたくさん作って、なんとかやりくりしてきたという歴史があります。

そのため雨乞いというのは、岸和田藩の公式な行事だったようで、お上からも予算が組まれていたとか。

雨乞いは、産業振興のための欠かせない投資だったのですね。

その雨乞いをする聖なる場所が葛城山であり、5つの村で雨乞いをしていたそうですが、、明治になってからは何度も途絶えた時期があったそうで、復活したのが昭和30年、それ以来は塔原町の弥勒寺に毎年8月14日に奉納されているということです。

近代科学の進んだ現代ニッポンで、雨乞いの効果を信じる人も少ないでしょうが、無形民族文化として伝えられています。

子供が太鼓を叩くというのが、正当なスタイルだそうですが、子供が少なくて、しかたなく大人が叩いているとか。

今年は久しぶりに小学生2名の確保ができたとのことで、きらびやかな衣装の子どもたちが頑張っておりました。

岸和田塔原町の無形民俗文化財【葛城踊り】

岸和田塔原町の無形民俗文化財【葛城踊り】

岸和田の土生鼓踊りも雨乞いの伝統芸能

山からおりてくれば、東岸和田駅前の公園では、土生鼓踊りが行われていました。

こちらも、雨乞いに纏わる行事がはじまりで、雨に喜んだ農民が、樽や太鼓をたたいて踊ったのが始まりだそう。今では、櫓を組んでの盆踊りとして、夜店の屋台も立ち並び、大人も子供も賑やかに盛り上がっています。

岸和田の土生鼓踊り

8月13日、14日の二日間行われます。

葛城踊りは神妙に見学するだけですが、こちらは気軽に飛び入り参加できます。

◆ 堺のT 記



スポンサードリンク



  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

  1. 堺東 瓦亭の焼肉

    2018-6-17

    堺東 瓦亭の焼肉ランチの満足度高し

    瓦亭チェック! 堺東の商店街の少し外れ、瓦亭です。 リーズナブルに美味しい焼…
  2. くら乃 ホルモン五種盛り

    2018-6-14

    関目高殿 肉匠くら乃の和牛焼き肉

    肉匠くら乃の店舗情報 幾つもの飲食店を経営するドリームリアリティグループがマネージメン…
  3. ワールド牧場

    2018-4-1

    ワールド牧場大阪でレンタルペットと宿泊

    記者の娘は3歳の頃から、犬を買いたいと願っておりまして、それは七五三の折に神社の絵馬に「いぬ…
  4. 小松家 ざるそば

    2018-3-30

    石山寺の小松家の蕎麦とシジミ飯のランチ

    小松家情報 瀬田川を一望する席はのんびり出来て特に天気の良い日にはゆっくりと寛ぎながら…
  5. 千利休の茶器

    2018-1-24

    映画 嘘八百ロケ地ガイド

    中井貴一演じるイカサマ骨董屋と、佐々木蔵之介演じる贋物陶芸家がタッグを組んで、千利休の幻の茶器をネタ…
ページ上部へ戻る