• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

焚き火料理
火というものが私達の生活には欠かせないものであるという事に、誰も異論はないでしょう。とは言っても、街での暮らしの中で「火」は特別意識するものじゃなくなってしまったのも本当のところ。

ひさしぶりに友人達と焚き火と料理を楽しみにでかけました。

一晩野外で過ごすと痛感できるんですが、電気もガスもない野外では、火の確保が一日の行動の中でも大事な仕事となります。暗くなる前に、薪を集めて火を熾こし、温かい食事を作ってくれるのが焚き火です。焚き火は体を温めてくれ、周囲をやさしく明るく照らしてくれます。太陽が完全に沈んでしまったら、焚き火の周りには自然と人が集まってくるのです。

こうして焚き火という文字を打ち込みながら、写真を眺めているだけで心が落ち着く不思議な感覚、炎を眺める事で心が癒される、焚き火リラクゼーションなどという言葉もあるほどです。

焚き火料理
そんな焚き火ですが、最近は焚き火をする場所に苦労するようになってしまいました。キャンプ場などでも、決められた場所や焚き火台などの使用がルールだったりします。沢山の道具を持ち、明々と電気で照らされたキャンプ場では、焚き火も必要ではなくなってしまったなと思うこともしばしば。

火は使い方を誤れば確かに危険なもので、今の世の中の仕組みの中では必要のないものなのかもしれません、残念ですが。

焚き火料理
とは言え、それでも火を触るのが楽しくて、こうして足繁く足を運ぶのは、一杯飲みながら火を囲んで、ダッチオーブンなどで料理を作り、気のおけない友人達と過ごす一夜は至福の時間だという事を知っているから。

大都会大阪に住んでいる訳ですが、車で1時間も走れば、東西南北、四季折々に焚き火を楽しめる場所が幾つもあるんで、つくづく大阪は良い所だと、そんな風に何時も思うのでした。

◆ 編集長G 記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

  1. タグボート大正(TUGBOAT TAISHO)

    2020-2-25

    タグボート大正(TUGBOAT TAISHO)を100%楽しむための食べ歩きレポート

    タグボートと言うのは、船舶や水上構造物を引っ張る曳舟のことで、周りを運河に囲まれた、大正区あ…
  2. ヘルプマーク

    2020-2-21

    ヘルプマークを持つ方への配慮 対象者や大阪での配布場所の紹介

    何時頃からか、ディープ大阪のスタッフの一人がヘルプマークを鞄に付けて歩くのを見るようになりま…
  3. カヌレ堂 CANELE du JAPON

    2020-2-15

    大阪のカヌレといえばカヌレ堂 CANELE du JAPON【絶対外さないプチギフト】

    「今までもらったお菓子の中で一番素敵で嬉しかった。」 以前、お世話になっている人からそ…
  4. 阪神イカ焼き

    2020-2-13

    阪神百貨店 スナックパークの大阪名物 イカ焼き

    イカ焼きもメジャーになって、もはやディープでも無いかもしれませんが、大阪名物の一つ「阪神百貨…
  5. 守口の中華居酒屋 笑び食堂

    2019-2-9

    守口の中華居酒屋 笑び食堂

    笑び食堂 笑び食堂という名前が良いですね。いかにも楽しく食事ができそうな店名に加えて、…
ページ上部へ戻る