• follow us in feedly

ギターデュオ ゴンチチ

「地球一番快適音楽」というキャッチフレーズで知られるギターデュオのゴンチチを、私が知ったのは、もう二十数年前だったと思います。

コマーシャルやテレビ番組のBGMなどでもよく使われていて、耳になじんでおりました。

当時は、CD派はまだハイカラな人たちが聴くものでして、私はカセットテープでアルバムを二つほど持っておりました。

最近のレコード業界ではネットでダウンロードが主流となり、CDの売上は落ちているようですが、逆に古き良きカセットテープが復活してきているとかで、時代の流れというのは面白いものであります。

チチ松村さんの大阪弁の語りが和みます

ゴンチチのお二人、チチ松村さんとゴンザレス三上さんは、ともに大阪の人で、売れてからもながらく普通にサラリーマンをしながら音楽活動をされていたようです。

現在は、パーソナリティーとしてラジオ番組を担当されていますね。

土曜日の朝9時からNHK-FMでやっている「世界の快適音楽セレクション」は、ゴンチチのお二人がジャンルまるきり無視で、面白い曲を紹介するという番組で、なかなか聞きごたえがあります。

パーソナリティーとしての語りも、音楽同様ほのぼのした非常にやわらかい上品な大阪のイントネーションで話されそれがまた心地良く感じるのです。

タレントの話す大阪弁で、私が一番好きなのが、じつはこのチチ松村さんです。(二番目に好きなのは浜村淳。)

チチ松村さんは、あんまり大阪弁を前面には出していないのですが、自然な大阪アクセントの話し言葉です。

大阪弁といえば、漫才師の毒のある語りや、ヤクザのドスのある語りが一般的なイメージかもしれませんが、もともと船場を中心とする大阪弁は商人の言葉であり、やわらかく耳なじみのいいものです。(松村さんは寝屋川ですが。)

落語の故桂米朝師匠の語りが、上品な大阪弁の代表かもしれません。(記者の知る限り)

大阪人ではないタレントが、ドラマの役で変な大阪弁をしゃべっているのはイラッときますが、自然な大阪弁は良いですね。

 

ゴンチチの音楽ジャンルは?

ゴンチチの音楽がどういうジャンルになるのかといえば、イージーリスニング・リゾートミュージックになるんじゃないかと思うんですが、ジャズっぽくもあり、ハワイアンっぽくもあり、ラテンっぽくもあり、クラシックぽくもあります。

CD屋ではなぜかワールドミュージックのコーナーに、ボサノバなんかと一緒に置いてあったり。

全体的に気合があんまり入っていなくて、ふわふわしたポップで楽しい感じが好きですね。

私もギターを弾いていたので、よくフレーズをなぞったりしたりしたものです。ゆるいフレーズが多くて、わりと真似できました。

複雑なフレーズは、ご本人達もテキトーに弾いているので再現できないんだとか。笑

 

ゴンチチ ギター

 

パソコン作業のBGMにも心が安らいで、いいです。

YouTubeでメドレーがありますので流しっぱなしにしたりもしています。

 

◆堺のT記



スポンサードリンク



  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

  1. ワールド牧場

    2018-4-1

    ワールド牧場大阪でレンタルペットと宿泊

    記者の娘は3歳の頃から、犬を買いたいと願っておりまして、それは七五三の折に神社の絵馬に「いぬ…
  2. 小松家 ざるそば

    2018-3-30

    石山寺の小松家の蕎麦とシジミ飯

    小松家情報 瀬田川を一望する席はのんびり出来て特に天気の良い日にはゆっくりと寛ぎながら…
  3. 千利休の茶器

    2018-1-24

    映画 嘘八百ロケ地ガイド

    中井貴一演じるイカサマ骨董屋と、佐々木蔵之介演じる贋物陶芸家がタッグを組んで、千利休の幻の茶器をネタ…
  4. 2017-12-15

    たこ昌竹粋亭浜寺店の料理は本当にタコづくしでした

    たこ焼き割烹として有名な「たこ昌」は、長年気になりつつ、行ったことがなかったのです。 …
  5. 天満 ふくみ屋でもつ鍋

    2017-10-1

    天満のふくみ屋でリーズナブルで美味しいもつ鍋

    福福福と福を三つ書いて「ふくみ屋」 とも呼ばせるようです。 ご存知、天満から天神橋筋…
ページ上部へ戻る