梅田スカイビル 空中庭園が良い季節です

  • follow us in feedly

梅田スカイビル

秋も深まり、梅田スカイビルの空中庭園からの景色が素晴らしいです!

こちらは昼間の景色ですが、夜景も夕景も、素晴らしい眺めなのは言うまでもなく、人気スポットとして沢山の人が訪れます。

空中庭園展望台からの絶景

そして、ここには二人で景色を眺めながら仲良く座れるチェアーやらなにやらと、カップル向けのポイントが多々あります。

コレはなんの目的なのか意味不明なオブジェやらもあったり、

恋愛成就を掲げてある空中庭園大明神サマまでも祀られて(?)いて、恋愛のパワースポットとして有名だと聞きましたが、どうやら本当の様です。

スカイビル内にはウェデイング用の会場もあるからなのでしょうが、独り身にはなかなか辛い雰囲気も満載です。

空中庭園 夜景

昼間ですらそんな状態ですので、夜ともなると美しい夜景を眺めながらいいムードに浸りたいカップルで当然のごとく賑わいます。空中庭園からは、ご覧の様に絶景が広がります。

やっぱり恋愛のパワースポットなのかもしれません。

これからクリスマスシーズンへ向けて、大阪でも有数の人気を誇るスポットなのは間違いありません。

空中庭園の料金

360℃のパノラマを楽しむことの出来る空中庭園へは入場料が必要となります。

スカイビルの入り口にある指示に従い、39階のチケットカウンターにて入場手続きをします。

団体割引などもありますが、基本料金は

 大人 1000円
 中高生 700
 小学生 500
 幼児 200円
 シニア 800円

となります。

24時間営業?

営業時間は 9:30~22:30です。

ただし特別営業日というものがあります。

元旦早朝営業
なにわ淀川花火大会
カウントダウン年越し営業

みんな考えることは同じだという話です。
一等地で絶景を見たいということです。

毎年沢山の人で賑わうそうで、
私などはそうまでして近寄りたくないと思う反面、
一度はここから花火を見てみたいなとも思います。

空中庭園のレストラン

滝見小路

39階には絶景と共に食事を楽しむ事の出来る、バーやレストランがあります。
特別な日に、大切な人と出かけたいものです。

また地下1Fには、普段使いの出来る昭和レトロな食堂街「滝見小路」があります。

大阪で人気のお好み焼きや串かつに鉄板焼き、別名「浪花のうまいもん」広場というだけあって、他府県からの方だけではなく関西人も楽しめるお店が揃っていると思います。

ドイツクリスマスマーケット

ドイツクリスマスマーケット

毎年冬の風物詩となったドイツクリスマスマーケットも毎年11月の半ばから一ヶ月程の間行われ、本場ドイツさながらのクリスマスを楽しむことが出来ます。

大きなクリスマスツリーにイルミネーションの数々、ドイツの屋台に120年の歴史を持つ木製のメリーゴーランドなどが立ち並び、期間中には空中庭園展望台もクリスマスの演出で盛り上がります。

スカイビル 空中庭園への行き方と駐車場

徒歩でのアクセスは、大阪梅田界隈からグランフロント大阪を目指し、南館と北館の間にある地下道を歩いて10分~15分ほどの距離です。

周辺には小さいコインパーキングが点在し、スカイビルの駐車場は1時間400円、以降15分100円と少々高く感じますが460台が収容されます。



スポンサードリンク



  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

  1. ワールド牧場

    2018-4-1

    ワールド牧場大阪でレンタルペットと宿泊

    記者の娘は3歳の頃から、犬を買いたいと願っておりまして、それは七五三の折に神社の絵馬に「いぬ…
  2. 小松家 ざるそば

    2018-3-30

    石山寺の小松家の蕎麦とシジミ飯

    小松家情報 瀬田川を一望する席はのんびり出来て特に天気の良い日にはゆっくりと寛ぎながら…
  3. 千利休の茶器

    2018-1-24

    映画 嘘八百ロケ地ガイド

    中井貴一演じるイカサマ骨董屋と、佐々木蔵之介演じる贋物陶芸家がタッグを組んで、千利休の幻の茶器をネタ…
  4. 2017-12-15

    たこ昌竹粋亭浜寺店の料理は本当にタコづくしでした

    たこ焼き割烹として有名な「たこ昌」は、長年気になりつつ、行ったことがなかったのです。 …
  5. 天満 ふくみ屋でもつ鍋

    2017-10-1

    天満のふくみ屋でリーズナブルで美味しいもつ鍋

    福福福と福を三つ書いて「ふくみ屋」 とも呼ばせるようです。 ご存知、天満から天神橋筋…
ページ上部へ戻る