太宰府天満宮の牛

画像は、全国天満宮の総本社とされる大宰府天満宮の牛です。

天満宮の牛

天満宮と言えば、必ず牛が置かれています。これすなわち、菅原道真公と牛は切っても切れない仲、という話で、道真公と牛の関係をまとめてみました。

画像データを整理していると、結構な天満宮の牛がおりまして、写真に納めてない天満宮へも沢山参拝してるんで各地の天満宮の牛を見てきましたが、たいてい何処の牛も頭がピカピカ。

傷や病気がある場所を撫でると良いと言われ、頭を撫でれば頭が良くなる、学問の神様でもある道真公にちなんで大きな天満宮ほど、沢山の人に撫でられ光っている様を目にします。

大阪天満宮

神戸北野天満宮

上から大阪天満宮、神戸北野天満宮の牛です。

菅原道真公

菅原道真公は、承和12(845)乙丑6月25日丑年の誕生、貞観元年己卯 月2月乙丑に元服し、延喜3年(903)2月25日の丑の日に薨去されました。

寛平5年、癸丑の9月の茸狩りの際には、いずこからともなく小牛が近寄り、連れ帰り可愛がったのですが、道真公が太宰府に左遷される道中に襲われた際には、この牛に生命を助けられたと言います。そして、この牛にのってそのまま九州へ向かったそうです。

失意の中で、太宰府にて生涯を終えた道真公を乗せた車が向かったのは、都府楼の北東(うしとら)の方向。まもなく車を引く牛が座り込み動かなくなった場所にて道真公は葬られました。

各地の天満宮の牛が座っているのは、この時の姿なのだそうです。

道真公を慕い、その場所へお社を建てたのが太宰府天満宮の始まりだと言われています。

農耕の神のシンボルとして、など、他にも色々と説はある様ですが、道真公が牛を可愛がったという説が微笑ましくて良いですね。天満宮の牛の姿に魅せられています。

各地の天満宮の牛

堺 菅原神社
堺市の菅原神社

三田天満宮
三田天満宮

安居天満宮
天王寺の安居天満宮

堺 萩原天神
堺市の萩原天神

◆ 編集長G 記

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

  1. タグボート大正(TUGBOAT TAISHO)

    2020-2-25

    タグボート大正(TUGBOAT TAISHO)を100%楽しむための食べ歩きレポート

    タグボートと言うのは、船舶や水上構造物を引っ張る曳舟のことで、周りを運河に囲まれた、大正区あ…
  2. ヘルプマーク

    2020-2-21

    ヘルプマークを持つ方への配慮 対象者や大阪での配布場所の紹介

    何時頃からか、ディープ大阪のスタッフの一人がヘルプマークを鞄に付けて歩くのを見るようになりま…
  3. カヌレ堂 CANELE du JAPON

    2020-2-15

    大阪のカヌレといえばカヌレ堂 CANELE du JAPON【絶対外さないプチギフト】

    「今までもらったお菓子の中で一番素敵で嬉しかった。」 以前、お世話になっている人からそ…
  4. 阪神イカ焼き

    2020-2-13

    阪神百貨店 スナックパークの大阪名物 イカ焼き

    イカ焼きもメジャーになって、もはやディープでも無いかもしれませんが、大阪名物の一つ「阪神百貨…
  5. 守口の中華居酒屋 笑び食堂

    2019-2-9

    守口の中華居酒屋 笑び食堂

    笑び食堂 笑び食堂という名前が良いですね。いかにも楽しく食事ができそうな店名に加えて、…
ページ上部へ戻る