• follow us in feedly

太宰府天満宮の牛

画像は、全国天満宮の総本社とされる大宰府天満宮の牛です。

天満宮の牛

天満宮と言えば、必ず牛が置かれています。これすなわち、菅原道真公と牛は切っても切れない仲、という話で、道真公と牛の関係をまとめてみました。

画像データを整理していると、結構な天満宮の牛がおりまして、写真に納めてない天満宮へも沢山参拝してるんで各地の天満宮の牛を見てきましたが、たいてい何処の牛も頭がピカピカ。

傷や病気がある場所を撫でると良いと言われ、頭を撫でれば頭が良くなる、学問の神様でもある道真公にちなんで大きな天満宮ほど、沢山の人に撫でられ光っている様を目にします。

大阪天満宮

神戸北野天満宮

上から大阪天満宮、神戸北野天満宮の牛です。

菅原道真公

菅原道真公は、承和12(845)乙丑6月25日丑年の誕生、貞観元年己卯 月2月乙丑に元服し、延喜3年(903)2月25日の丑の日に薨去されました。

寛平5年、癸丑の9月の茸狩りの際には、いずこからともなく小牛が近寄り、連れ帰り可愛がったのですが、道真公が太宰府に左遷される道中に襲われた際には、この牛に生命を助けられたと言います。そして、この牛にのってそのまま九州へ向かったそうです。

失意の中で、太宰府にて生涯を終えた道真公を乗せた車が向かったのは、都府楼の北東(うしとら)の方向。まもなく車を引く牛が座り込み動かなくなった場所にて道真公は葬られました。

各地の天満宮の牛が座っているのは、この時の姿なのだそうです。

道真公を慕い、その場所へお社を建てたのが太宰府天満宮の始まりだと言われています。

農耕の神のシンボルとして、など、他にも色々と説はある様ですが、道真公が牛を可愛がったという説が微笑ましくて良いですね。天満宮の牛の姿に魅せられています。

各地の天満宮の牛

堺 菅原神社
堺市の菅原神社

三田天満宮
三田天満宮

安居天満宮
天王寺の安居天満宮

堺 萩原天神
堺市の萩原天神

◆ 編集長G 記



スポンサードリンク



  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

  1. 堺東 瓦亭の焼肉

    2018-6-17

    堺東 瓦亭の焼肉ランチの満足度高し

    瓦亭チェック! 堺東の商店街の少し外れ、瓦亭です。 リーズナブルに美味しい焼…
  2. くら乃 ホルモン五種盛り

    2018-6-14

    関目高殿 肉匠くら乃の和牛焼き肉

    肉匠くら乃の店舗情報 幾つもの飲食店を経営するドリームリアリティグループがマネージメン…
  3. ワールド牧場

    2018-4-1

    ワールド牧場大阪でレンタルペットと宿泊

    記者の娘は3歳の頃から、犬を買いたいと願っておりまして、それは七五三の折に神社の絵馬に「いぬ…
  4. 小松家 ざるそば

    2018-3-30

    石山寺の小松家の蕎麦とシジミ飯のランチ

    小松家情報 瀬田川を一望する席はのんびり出来て特に天気の良い日にはゆっくりと寛ぎながら…
  5. 千利休の茶器

    2018-1-24

    映画 嘘八百ロケ地ガイド

    中井貴一演じるイカサマ骨董屋と、佐々木蔵之介演じる贋物陶芸家がタッグを組んで、千利休の幻の茶器をネタ…
ページ上部へ戻る