• follow us in feedly

商売繁盛で笹持って来い♪

賑やかな掛け声が楽しいえべっさんです。

えべっさん詣りとは

お正月明けの9日~11日、9日が宵戎(よいえびす)10日が十日戎(とおかえびす)、11日が残り福(のこりふく)、関西では、このえべっさんへのお詣りが済み、いただいた福笹や熊手に箕など、自宅や事務所に飾らないと正月は終わりません。

えべっさんは、各地にある恵比須神(えびすのかみ)を祀る神社で行われており、中でも、関西では

西宮の西宮戎(にしのみやえびす)
大阪南の今宮戎(いまみやえびす)
大阪北の堀川戎(ほりかわえびす)

この三箇所のえべっさんが、とにかく大賑わいで、
三日間で100万人以上の人が参詣するといいます。

えべっさんという呼び方ですが、大阪では「神様」を「かみさん」と呼ぶ感じで、
「恵比寿様(えびすさま)」が「えべっさん」となりました。

今年のえべっさんはディープ大阪のスタッフで今宮戎と堀川戎をハシゴ詣り、人混みは好きではありませんが、お祭りということで、ウキウキと出かけるのです。

それぐらい、関西人にとっては、楽しみにしているのがえべっさんなのです。

えべっさんのお詣りの仕方

えべっさん

ご存知、七福人の一人、恵比須神、えべっさの顔です。

えべっさんの耳って、こんなにも大きな福耳にもかぎらず、難聴なんだそうで、願いをしっかりと聞いてもらう為に「ちゃんと聞いてやー」とドラを叩きます。

耳が悪いだけでなく、幼い頃は足も悪くて、そのせいで船で海に捨てられ、流れ着いたのが神戸の西宮、そのために、西宮戎がえべっさんの大元と言われる理由です。

日本最古の戎宮 石津神社

神社によってドラだったり木の板だったりと色々ですね。画像は堺の石津神社です。

石津神社は元祖戎神社と呼ばれているようですが、元祖と大本は違うのでしょうか?本当の所はどうなんでしょうか?

>>> 日本最古の戎宮 石津神社

なぜ関東でえべっさんが受けないのか?

えべっさんは、耳が悪くて足も悪い、八百万の神様の中でも格の低い神さんだとされ、そこが判官贔屓の強い関西に受けているなど、色々と諸説があるようです。

とはいえ、特に今の若い世代にとっては、そんなことはどうでも良くて、我々関西人にとってこんなに楽しい祭りは無いのに、関東の奴はわかってないなー、みたいな感じです。

今年もえべっさんを超楽しみつつ「商売繁盛・家内安全」をお願いしてきました。



スポンサードリンク



  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

  1. ワールド牧場

    2018-4-1

    ワールド牧場大阪でレンタルペットと宿泊

    記者の娘は3歳の頃から、犬を買いたいと願っておりまして、それは七五三の折に神社の絵馬に「いぬ…
  2. 小松家 ざるそば

    2018-3-30

    石山寺の小松家の蕎麦とシジミ飯

    小松家情報 瀬田川を一望する席はのんびり出来て特に天気の良い日にはゆっくりと寛ぎながら…
  3. 千利休の茶器

    2018-1-24

    映画 嘘八百ロケ地ガイド

    中井貴一演じるイカサマ骨董屋と、佐々木蔵之介演じる贋物陶芸家がタッグを組んで、千利休の幻の茶器をネタ…
  4. 2017-12-15

    たこ昌竹粋亭浜寺店の料理は本当にタコづくしでした

    たこ焼き割烹として有名な「たこ昌」は、長年気になりつつ、行ったことがなかったのです。 …
  5. 天満 ふくみ屋でもつ鍋

    2017-10-1

    天満のふくみ屋でリーズナブルで美味しいもつ鍋

    福福福と福を三つ書いて「ふくみ屋」 とも呼ばせるようです。 ご存知、天満から天神橋筋…
ページ上部へ戻る